十五夜の2018年はいつ?別名「芋の名物」とも言われる理由は?

十五夜の2018年はいつなのか説明しています。

また、十五夜の意味と由来について紹介しています。

十五夜は、別名「芋の名月」とも言われているそうです。

そして、十五夜は毎年日にちが違うので、注意が必要です。これは、旧暦と現在の暦にズレが生じるためだからそうです。

スポンサーリンク

十五夜の2018年はいつ?

tsukimi_jugoya

十五夜の2018年は、9月24日(月)です。そして十五夜は毎年違う日だそうです。

これは、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準としている現在の暦にズレが生じるためだそうです。

そのために、実際は毎年9月中旬から10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきてしまい、これだけ幅があると行事のスケジュール的に何かと面倒なため、十五夜関連のイベントを毎年9月15日にしているところもありますが、正確には違うそうです。

十五夜の意味と由来は?

zyugoya2

旧暦では1月~3月を春、4月~6月を夏、7月~9月を秋、10月~12月を冬としていたので、8月はちょうど秋の真ん中で、8月15日に出る満月ということで、「中秋の名月」と呼ばれることになったそうでうす。

現在は新暦が使われて1ヶ月程度のズレが発生するため、9月7日~10月8日の間に訪れる満月の日を「十五夜・中秋の名月」と呼んでいるそうです。

スポンサーリンク

別名「芋の名月」とも言われる十五夜

zyugoya3

「十五夜」は中秋の名月を鑑賞するだけではなく、これから始まる収穫期を前に、収穫を感謝する初穂祭りとしての意味もあり、9月頃に収穫される「芋」をお供えすることから「芋の名月」とも呼ばれているそうです。

また、現在では満月のように丸い月見だんごと魔よけの力があるとされるススキをお供えするのが一般的になっていますが、地方によってはこの日だけ他人の畑の作物を無断で取っても良いとか、子供がお供え物のだんごを盗んで食べても良いなどの風習もあるそうです。

 

まとめ

十五夜は毎年日にちが違うということなので、気をつけなければいけませんね。それと、十五夜では、十五にちなんで一寸五分(約4.5センチ)の大きさのおだんごを15個お供えするそうです。

また、1年の満月の数と同じ12個(うるう年には13個)や、15を簡略して5個お供えする場合もあるそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ