横浜開港祭2018の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

横浜開港祭2018の日程を紹介しています。

また、横浜開港祭の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、横浜開港祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

横浜開港祭は、横浜市の臨港パークで行われるお祭りで、1981年に国際デープレ横浜どんたくとして始まり、1995年から現在の横浜開港祭として開催されているそうです。

スポンサーリンク

横浜開港祭2018の日程

日程:6月2日と3日(※予想、6月2日とその前後)

アクセス

会場:横浜みなとみらい21地区の臨港パークとその周辺

※会場マップは、こちらの公式サイトから確認できます。

●電車

地下鉄みなとみらい線みなとみらい駅、7分

●車

東神奈川神奈川1号横羽線出口、7分

●周辺の有料駐車場の地図

横浜開港祭の始まりは?

横浜開港祭は、神奈川県横浜市の臨港パークとその周辺で毎年6月に行われるお祭りで、1981年に「国際デープレ横浜どんたく」として始まり、翌年の1982年からは、名称が「’82国際デー第1回横浜どんたく」となり、その後1984年の第3回目に「横浜どんたく」、1993年の第12回目に「横浜どんたく開港祭」そして、1995年から現在の「横浜開港祭」として開催されるようになったそうです。

横浜開港祭の特徴は?

横浜開港祭は、臨港パーク内のメインステージで、ゲストミュージシャンのライブや市民による大合唱、光と音を融合した花火大会の「ビームスペクタクル in ハーバー」などが行われるそうです。

また、子供たちも楽しめるイベントとして、エコについて楽しく学べる「エコキッズパーク」、トランポリンで遊べる「キッズプレイランド」、みなとみらいの海を体験操縦できる「スーパーキッズ」、親子で楽しめる「横浜開港祭検定スタンプラリー」などが行われる他、みなとみらい地区の陸上と海上を遊覧できる「水陸両用バス乗車会」や臨港パーク前海上では、日頃横浜港で活動する官公庁艇船舶による壮観な「官公庁艇パレード」が行われるそうです。

スポンサーリンク

横浜開港祭周辺のおすすめランチ

  • ロンハーマンカフェ みなとみらい店
  • 24/7 レストラン
  • スカイラウンジ シリウス 横浜ロイヤルパークホテル

ロンハーマンカフェ みなとみらい店

ロンハーマンカフェ みなとみらい店は、みなとみらい駅から歩いて1分の所にあるオシャレなカフェ店で、メニューは、アメリカンテイストの美味しいハンバーガーやパンケーキが食べられるそうです。

住所:神奈川県 横浜市西区 みなとみらい 3-5-1 マークイズみなとみらい 1F

24/7 レストラン

24/7 レストランは、みなとみらい駅から歩いて4分の所にあるイタリアン料理店で、みなとみらいの綺麗な夜景を見ながら食事を楽しめ、人気ランチのパスタセットやサラダセットに焼きたてのパンが食べ放題だそうです。

住所:神奈川県 横浜市西区 みなとみらい 2-3-8 みなとみらい東急スクエア③ 3F

スカイラウンジ シリウス 横浜ロイヤルパークホテル

スカイラウンジ シリウス 横浜ロイヤルパークホテルは、みなとみらい駅から歩いて4分の所にあるBARで、横浜ランドマークタワーの最上階の展望台より高い所にあり、ジャズの生演奏を聞きながら、本格的な美味しいローストビーフが味わえるそうです。

住所:神奈川県 横浜市西区 みなとみらい 2-2-1-3 横浜ロイヤルパークホテル 70F

横浜開港祭周辺のおすすめホテル

  • 横浜ベイホテル東急
  • 横浜ロイヤルパークホテル
  • ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

横浜ベイホテル東急

横浜ベイホテル東急は、みなとみらい駅クィーンモール出口から歩いて1分の所に位置し、クイーンズスクエア横浜から海を見渡せるロケーションが最高なホテルだそうです。

料金:5,000円~380,000円(税込)

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテルは、JR桜木町駅から歩いて5分の所に位置し、日本一高い場所にあるホテルで、喫茶・バーのスカイラウンジ、全室無料ネット回線完備のホテルだそうです。

料金:5,000円~112,500円(税込)

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルは、みなとみらい駅から歩いて5分の所に位置し、外観が風をはらんだヨットの帆の形をしているのが特徴的な国際ホテルで、全室無料ネット回線完備、PC貸出、無線LAN接続可だそうです。

料金:5,600円~263,500円(税込)

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

まとめ

横浜開港祭2018の日程は、毎年6月2日とその前後に開催されるようですね。また、横浜開港祭親善大使も募集され、大使に選ばれるとゴールデンウィークから開港祭当日にかけて、横浜市内で街頭PR活動を行う他、テレビやラジオにも出演し、キャンペーン活動を行うそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ