四日市祭りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

四日市祭りの2018年の日程を紹介しています。

また、四日市祭りの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、四日市祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

四日市祭りは、三重県四日市市の諏訪神社周辺で行われる諏訪神社の例祭で、江戸時代の初め頃には行われていたとされる当時の文献が残っているそうです。

スポンサーリンク

四日市祭りの2018年の日程

日程:10月6日と7日(※予想、10月第一日曜日と前日の土曜日)

時間:11時~20時(※2日目は18時まで)

アクセス

会場:四日市諏訪神社周辺

●電車

近鉄四日市駅、5分

●車

東名阪自動車道四日市IC、15分

●周辺の有料駐車場の地図

四日市祭りの始まりは?

四日市祭りは、三重県四日市市の諏訪神社周辺で、毎年10月に行われる諏訪神社の例祭で、江戸時代の初め頃には行われていたとされ、当時の文献には、「四日市諏訪明神祭」、「四日市諏訪祭」と記されていて、「四日市祭」へと名称が定着したのは、明治時代になってからだそうです。

四日市祭りの特徴は?

四日市祭りは、各町のそれぞれ形式の異なる「黎物(ねりもの)」と呼ばれる山車の奉納が行われ、その中でも「大入道」は、四日市祭りのシンボル的な存在で、首の長さが7.6mもある、日本一大きいからくり人形が山車に載せられているそうです。

また、「大名行列」、「舞獅子」の奉納や戦後から始まった「御諏訪神輿」、「四日市諏訪太鼓」の奉納なども行われるそうです。

スポンサーリンク

四日市祭り周辺のおすすめランチ

  • いっかん
  • 松阪牛 たんど 四日市店
  • アトリ

いっかん

いっかんは、四日市駅から歩いて3分の所にある美味しいお寿司屋さんで、人気ランチの「お魚とお肉の御膳」の、松阪牛入りハンバーグとお刺身盛り合わせは絶品だそうです。

住所:三重県 四日市市 諏訪栄町 6-18 アネックス21F

松阪牛 たんど 四日市店

松阪牛 たんど 四日市店は、四日市駅から歩いて6分の所にある人気の焼肉店で、松阪牛や黒毛和牛を堪能でき、人気メニューの「松阪牛とタン塩のセット」は、ボリュームもありコスパも最高だそうです。

住所:三重県 四日市市 西浦 1-9-8-2F

アトリ

アトリは、四日市駅から歩いて8分の所にある地元の素材を使った人気のイタリアンのお店で、ランチタイムには、伊勢志摩の魚介をふんだんに使った美味しいパスタが味わえるそうです。

住所:三重県 四日市市 鵜の森 2-9-6 広瀬ビル 1F

四日市祭り周辺のおすすめホテル

  • 四日市アーバンホテル
  • 三交イン四日市駅前
  • 四日市都ホテル

四日市アーバンホテル

四日市アーバンホテルは、近鉄四日市駅から歩いて1分の所に位置し、24時間フルタイム対応フロント、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:2,700円~9,300円(税込)

住所:三重県四日市市諏訪栄町7-29

三交イン四日市駅前

三交イン四日市駅前は、近鉄四日市駅北口から歩いて1分の所に位置し、全館ダブルベッド完備、24時間フロント対応、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:4,100円~10,500円(税込)

住所:三重県四日市市安島1-1-20

四日市都ホテル

四日市都ホテルは、近鉄四日市駅から歩いて3分の所に位置し、客室から、鈴鹿山脈や伊勢湾の眺望が望め、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可の高層ホテルだそうです。

料金:6,800円~29,160円(税込)

住所:三重県四日市市安島1-3-38

まとめ

四日市祭りの2018年の日程は、10月6日と7日(※予想)の2日間で、毎年10月の第一日曜日と前日の土曜日に行われるようですね。また、夏に行われる「大四日市まつり」と名称が似ているため、「秋の四日市祭」として行われた時期もあったそうですが、2011年から現在の「四日市祭」に統一されたそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ