薬師祭植木市の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

薬師祭植木市の2018年の日程を紹介しています。

また、薬師祭植木市の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、薬師祭植木市周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

薬師祭植木市は、山形県山形市の薬師公園周辺で、毎年5月に開催される植木市で、約400年以上前の江戸時代頃から、始まったと言われているそうです。

スポンサーリンク

薬師祭植木市の2018年の日程

日程:5月8日~10日

時間:7時30分~21時30分
(※最終日は21時まで)

アクセス

会場:薬師公園、薬師町通り、新築西通り、五中通り、六日町通りなど

●電車

JR山形駅からバス、10分

●車

山形自動車道山形蔵王IC、10分

※交通規制情報は、こちらの山形商工会議所の公式サイトから確認できます。

●駐車場

馬見ヶ崎川河川敷

●周辺の有料駐車場の地図

薬師祭植木市の始まりは?

薬師祭植木市は、山形県山形市の薬師公園周辺で、毎年5月に開催される植木市で、約400年以上前の江戸時代頃から、当時の山形城主だった最上義光により、城下の大火災で焼失した緑を復興するために、住民に樹木の植木をするように働きかけたことが、始まりと言われているそうです。

薬師祭植木市の特徴は?

薬師祭植木市は、薬師公園周辺の約3kmの通りに、植木を販売する露店や縁日などが、東北では最大級と言われる約500店舗が出店され、花まつりが行われ、多くの市民や観光客が訪れて賑わいを見せるそうです。

また、沿道に立ち並ぶ露店では、県内外から数万点もの様々な苗木が取り寄せられて、民芸品などといっしょに販売されるそうです。

スポンサーリンク

薬師祭植木市周辺のおすすめランチ

  • そば処 庄司屋 本店
  • 麺辰
  • 栄屋本店

そば処 庄司屋 本店

そば処 庄司屋 本店は、山形駅から歩いて8分の所にある老舗の蕎麦屋さんで、山形名物の「板そば」が食べられ、おすすめメニューは、サクサクの天ぷらが美味しい「天ざる」だそうです。

住所:山形県 山形市 幸町 14-28

麺辰

麺辰は、山形市にある魚介系スープが美味しいラーメン屋さんで、人気メニューの「とっさんラーメン」は、スカッとする辛さが好評で、他にも季節限定メニューも味わえるそうです。

住所: 山形県山形市中桜田2-5-5

栄屋本店

栄屋本店は、山形駅から歩いて20分の所にある老舗のラーメン屋さんで、山形名物の「冷やしラーメン」は、ボリューム満点でコシがあり、他にもお手頃な値段で美味しいメニューが味わえるそうです。

住所:山形県 山形市 本町 2-3-21

薬師祭植木市周辺のおすすめホテル

  • コンフォートホテル山形
  • ホテル ステイイン七日町<山形>
  • 山形七日町ワシントンホテル

コンフォートホテル山形

コンフォートホテル山形は、JR山形駅東口から歩いて2分の所に位置し、周辺にコンビニや飲食店が多くあり、観光やビジネスの拠点に最適なホテルだそうです。

料金:2,950円~15,000円(税込)

住所:山形県山形市香澄町1-3-12

ホテル ステイイン七日町<山形>

ホテル ステイイン七日町<山形>は、JR山形駅から100円循環バス七日町下車、歩いて2分の所に位置し、室内にレンジや洗濯機付きの部屋もあるため、長期滞在にも便利なホテルだそうです。

料金:3,500円~17,200円(税込)

住所:山形県山形市七日町2丁目7-10

山形七日町ワシントンホテル

山形七日町ワシントンホテルは、JR山形駅東口からタクシーで5分の所に位置し、男女別浴場、全室Wi-Fi接続可能、シャワートイレ完備の山形市中心部にあるホテルだそうです。

料金:2,250円~15,500円(税込)

住所:山形県山形市七日町1-4-31

まとめ

薬師祭植木市の2018年の日程は、毎年5月8日~10日の3日間に渡り開催されるようですね。また、山形には昔から寺院が多くあったため、庭園を作る技術の「坪作り」が発展していたことも植木市が栄えた理由だと考えられているそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ