節分の豆まきのイベントで2019年の東京の4つのおすすめスポットは?

節分の豆まきのイベントで2019年の東京の4つのおすすめスポットを紹介しています。

また、節分とはどのような日なのか、そして節分になぜ豆をまいたり、恵方巻を食べるようになったのかを説明し、2019年にはどの方角を向いて恵方巻を食べるのかを紹介しています。

節分は一年の中でも冬を乗り越えた事を喜ぶイベントとして昔から行われている行事だそうです。

スポンサーリンク

節分の豆まきのイベントで2019年の東京のおすすめスポット

節分の豆まきのイベントで、2019年の東京のおすすめスポットは「浅草寺」、「神田明神」、「高幡不動尊 金剛寺」、「池上本門寺」の4つが有名です。

そして、東京の豆まきイベントの最大の特徴は、芸能人や有名人が直接観衆に向かって豆まきをすることですね。それぞれのお寺に毎年たくさんのタレントさんが訪れるので、生で見られる絶好のチャンスですね。

特におすすめは、「神田明神」で、秋葉原から近くにあるので、過去にはブレイク前のAKB48などのアイドルが豆まきイベントに参加していたそうです。

アイドルファンの方には、ブレイク前のアイドルを発見できる場として、とても楽しみなイベントですね。

節分は年に4回あった?

毎年二月になると、「節分」が訪れます、節分は豆をまいて鬼を追い払うイベントが今は常識となっていますが、そもそもなぜ節分は2月なのか、そして豆をまいて鬼を追い払うイベントはいつ頃から行われたのか小さなお子様に質問されてもなかなかすぐにわかり易く答えるのは難しいものです。

節分の意味なのですが、節分とは季節の変わり目の事を指します。日本は一年に四つの季節が昔からあり、本来は節分は季節の変わり目で一年の四回ありました。

今でもカレンダーには立春、立夏、立秋、立冬という名前でその名残が残っています、ではなぜ二月の立春だけが節分として残ったのでしょうか?

二月の立春だけが節分として残っている理由は?

昔は一年で四回あったと言われる節分ですが、今は一年に一回、冬から春になる立春の前日の2月3日だけが節分として残っています。

なぜ立春の前日のみ節分として残っているのかというと、立春は一年の始まりとして昔は考えられていて、立春のひとつ前の節分は大晦日にあたると言われてきました。

昔の人は、寒く辛い冬を立春を迎える事で辛い時期を乗り越え、暖かく過ごしやすい季節が始まる春を迎える喜びをお祭り、現在でいうイベントとして盛大に楽しんだと言われています。

なので一年のうちで冬から春に移り変わる立春が、節分として今でも残り、そして一年の始まりとして厄を払う願いも込めて、豆まきや恵方巻を食べるイベントを考えだし、今に伝えられていると言われています。

スポンサーリンク

節分に豆をまく理由とは?

季節の変わり目を喜ぶイベントとして昔から今に伝わる節分ですが、なぜ節分に豆をまくのでしょうか?昔から季節の変わり目には「鬼が出る」と言われています。

そして節分に豆をまいてその出てくる鬼を追い払うという行事は古くは室町時代から始められました。豆をまく理由には諸説ありますが、大きな理由としては、昔から米や豆には邪気を払う力があると言われており、豆の持っている邪気を払う力で、節分に出てくる鬼を追い払うために豆をまくようになった、という説が有力です。

2019年の恵方巻きを食べるの方角は?

2019年の方角はずばり東北東の方角を向いて恵方巻を食べると良いとされています。そして2019年の節分は2月3日の日曜日ですので、忘れないように豆まきをし、恵方巻を食べて1年を無事に過ごしたいですね。

まとめ

節分の豆まきのイベントで、芸能人と会える4つのおすすめスポットを紹介しました。アイドルファンの方はブレイク前のアイドルを見られるかも知れない「神田明神」がおすすめです。

そして、節分に邪気を持っている鬼を祓う為に、豆まきや恵方巻を食べる習慣が現在でも行われていますが、恵方巻を食べる際には、毎年その年の方角を向いて無言で恵方巻を食べきることが縁起が良いと言われているそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ