バレンタイン2019年のチョコレートの予算はいくら?本命未満は?

バレンタイン2019年のチョコレートの予算はいくらなのか紹介しています。

また、日本でチョコを贈る習慣が根付いた時期を紹介し、本命未満の彼へのチョコレートの予算についても紹介しています。

会社の男性などに用意する義理チョコ用の予算は、最大1000円程度という女性が最も多いそうです。

スポンサーリンク

バレンタイン2019年のチョコレートの予算はいくら?

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88-%e4%ba%88%e7%ae%971

一般的に、20代~40代までの女性が、会社の男性などへの義理チョコ用にバレンタインデーに用意するチョコレートの予算は、最大1000円という女性が最も多く、本命の彼に送るチョコの予算でも、一人あたり2000円以上かける女性は少ないそうです。

また、見栄えの良い有名ブランドのチョコレートでも、1000円ほどで購入することができるため、チョコレートは女性にとってコストパフォーマンスの良いプレゼントと言えるそうです。

スポンサーリンク

日本でチョコを贈る習慣が根付いたのはいつから?

日本にバレンタインデーにチョコを贈る習慣が根付いたのは、1975年頃からで、神戸の洋菓子会のモロゾフの創業者が米国人の知人から、欧米では毎年2月14日に愛する人に贈り物をする習慣があることを聞き、1932年に日本でもこの習慣を定着させ、チョコレートを売ろうとキャンペーンを展開したのが本格的なバレンタインデーの始まりだと言われているそうです。

★人気の生チョコレートはこちら ↓↓↓

 

本命未満の彼へのチョコレートの予算は?

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88-%e4%ba%88%e7%ae%972

一般的に女性の間で「本命」と言われているまだ付き合っていない時点での男性に贈るときに使うチョコレートの予算は、彼氏に贈るチョコレートの予算よりも割高になっているようで、平均して2000円から3000円ほどかける女性が多いそうです。

また、男性が甘いものが苦手という場合には、ネクタイや小物を贈る女性も多いようです。

まとめ

男性は甘いものが苦手な方も多いので、チョコレートを贈る前に甘いものが食べられるかどうか事前にリサーチをしておくのも良いかもしれませんね。

また、ビターなチョコレートなど甘いものが苦手な男性でも食べられるチョコもあるそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ