鶴岡天神祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

鶴岡天神祭の2018年の日程を紹介しています。

また、鶴岡天神祭の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、鶴岡天神祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

鶴岡天神祭は、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮で、毎年5月に行われる例祭で、江戸時代から始まったと言われているそうです。

スポンサーリンク

鶴岡天神祭の2018年の日程

日程:5月25日

14時~:パレードスタート

アクセス

会場:鶴岡天満宮、鶴岡公園周辺、鶴岡市内目抜き通り

●電車

JR羽越本線鶴岡駅、徒歩20分、バス→市役所前下車

●車

山形自動車道鶴岡IC、10分

※交通規制情報は、こちらの山形県鶴岡市観光連盟の公式サイトから確認できます。

●駐車場

鶴岡公園駐車場

●周辺の有料駐車場の地図

鶴岡天神祭の始まりは?

鶴岡天神祭は、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮で、毎年5月に行われる例祭で、江戸時代から始まったとされ、道真公が京都から九州大宰府に左遷された際に、道真公を慕う人々が別れを惜しんで、編笠で顔を隠しながら、お酒を酌み交わしたことが由来だと言われているそうです。

鶴岡天神祭の特徴は?

鶴岡天神祭は、別名、「化けものまつり」とも呼ばれていて、祭り当日は、編笠と手拭いで顔を隠した人々が、祭りの見物人に無言でお酒が振る舞われるそうです。

また、祭り最大の見どころのは、約2500人が参加して行われる、「天神はんくねり」と「にぎわい天神パレード」の2つのパレードで、当日は、化けものの衣装が無料で貸し出され、誰でもパレードに参加でき、毎年たくさんの人が化けものに仮装して祭りを楽しむそうです。

他にも、市内各所で10時から鶴岡名産の地酒の有料試飲ができ、13時から、鶴岡公園疎林広場のステージで、音楽ライブやダンスパフォーマンスなど様々なイベントが行われるそうです。

スポンサーリンク

鶴岡天神祭周辺のおすすめランチ

  • 鷹乃巣
  • 麺工房 太麺屋
  • 千石や

鷹乃巣

鷹乃巣は、鶴岡市にある老舗のラーメン屋さんで、看板メニューの「赤丸トンコツ」は、自家製麺とコクのあるスープのバランスが絶妙で、スープがなくなり次第閉店になるそうです。

住所:山形県鶴岡市小淀川谷地田50-1

麺工房 太麺屋

麺工房 太麺屋は、鶴岡市にある美味しいラーメン店で、太めのちぢれ麺と魚が効いたスープとの相性が抜群で、味もしつこくなく、女性でも食べやすいと人気だそうです。

住所:山形県 鶴岡市 末広町 29-20

千石や

千石やは、鶴岡市にある美味しいラーメン店で、人気の小麦の香りがする細めのちぢれ麺と醤油ベースのあっさり味のスープとのバランスが最高だそうです。

住所:山形県 鶴岡市 大宝寺 378-10

鶴岡天神祭周辺のおすすめホテル

  • HOTEL STAY iN 山王プラザ
  • 東京第一ホテル鶴岡
  • ホテルルートイン鶴岡駅前

HOTEL STAY iN 山王プラザ

HOTEL STAY iN 山王プラザは、JR鶴岡駅からバスで3分の所に位置し、鶴岡市の中心街にあるため、観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:3,400円~7,250円(税込)

住所:山形県鶴岡市山王町6-8

東京第一ホテル鶴岡

東京第一ホテル鶴岡は、JR羽越鶴岡駅から歩いて3分の所に位置し、10階の無料温泉付大浴場とそこから見られる眺望も大好評だそうです。

料金:4,500円~21,000円(税込)

住所:山形県鶴岡市錦町2-10

ホテルルートイン鶴岡駅前

ホテルルートイン鶴岡駅前は、JR鶴岡下車から歩いて1分の所に位置し、自慢の大浴場やアメニティ類も充実し、ご高齢者や車椅子の方でも安心のバリアフリールームを備えるホテルだそうです。

料金:5,225円~10,800円(税込)

住所:山形県鶴岡市末広町1-17

まとめ

鶴岡天神祭の2018年の日程は、毎年5月25日に開催されるようですね。また、天神祭は、菅原道真公を祀る全国各地の天満宮で行われますが、お酒が振る舞われるのは、鶴岡天神祭だけだそうです。そして、現在では、子供や車を運転する方も楽しめるように、お酒以外にジュースなどの飲み物も振る舞われるそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ