鳥越神社大祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

鳥越神社大祭の2018年の日程を紹介しています。

まず、鳥越神社の歴史を紹介し、次に、鳥越神社大祭の特徴を紹介しています。

最後に、鳥越神社大祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

鳥越神社大祭に登場する千貫神輿は、都内で最大の重さがあることで有名だそうです。

スポンサーリンク

鳥越神社大祭の2018年の日程は?

日程:6月9日と10日(※6月9日に近い土曜日と日曜日)

アクセス

会場:鳥越神社
所在地:台東区鳥越2-4-1

●電車

都営地下鉄浅草線、蔵前駅、徒歩6分
都営地下鉄大江戸線、新御徒町駅、徒歩8分
JR総武線浅草橋駅、徒歩8分

●周辺の有料駐車場の地図

鳥越神社の歴史は?

鳥越神社は、651年に白鳥神社と称されて、日本武尊を祀るために建てられたのが始まりとされているそうです。

その後、源義家がこの地を訪れたおりに再度「鳥越大明神」と名付けられたと伝えられているそうです。

日本武尊(やまとたけるのみこと)とは、武勇に優れていた、日本古代史の伝承上の英雄のこと。

鳥越神社大祭の特徴は?

鳥越神社大祭は、毎年6月の中頃に東京都台東区の鳥越神社で行われる例大祭だそうです。

また、千貫神輿と呼ばれる宮神輿は、都内で最大の重さがあり、神輿の先頭には、猿田彦、手古舞連、子どもたちが5色の旗を持って町を練り歩くそうです。

そして、「鳥越の夜祭り」として有名は夜祭では、神輿の提灯に明かりが灯された「元祖提灯神輿」が宮入りする様子はは、とても神秘的で感動するそうです。

千貫神輿(せんがんみこし)とは、神輿の中でも特に重量の重たい神輿のこと。

猿田彦(さるたひこ)とは、鼻が長く猿のような顔をした日本神話に登場する神様のこと。

スポンサーリンク

鳥越神社大祭周辺のおすすめランチ

  • 饗 くろ喜
  • 青島食堂 秋葉原店
  • ラーメン食堂 粋な一生

饗 くろ喜

饗 くろ喜は、千代田区神田和泉町にある人気のラーメン店で、限定メニュ―の「特製塩そば」は、細麺と平打ち麺の2種類から選べて、旨みたっぷりの琥珀色のスープとのバランスが絶品だそうです。

住所:東京都 千代田区 神田和泉町 2-15 四連ビル3号館 1F

青島食堂 秋葉原店

青島食堂 秋葉原店は、千代田区神田佐久間町にある人気のラーメン店で、看板メニューの「青島ラーメン」は、昔ながらの醤油ベースのスープと中太縮れ麺との相性が最高で、50円増しの大盛りがお得だそうです。

住所:東京都 千代田区 神田佐久間町 3-20-1

ラーメン食堂 粋な一生

ラーメン食堂 粋な一生は、台東区にある秋葉原で人気のラーメン店で、塩・味噌・醤油の3種類のラーメンが味わえ、人気メニューの「味噌ラーメン」は、赤味噌、白味噌、八丁味噌の3種類がベースで、濃厚でクリーミーな味わいだそうです。

住所:東京都 台東区 台東 1-27-2竹善ビル1F

鳥越神社大祭周辺のおすすめホテル

  • 京急EXイン浅草橋駅前
  • 浅草橋ビジネスホテル
  • ベルモントホテル

京急EXイン浅草橋駅前

京急EXイン浅草橋駅前は、JR浅草橋駅から歩いて2分の所に位置し、全室シモンズベッド完備、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:3,000円~16,300円(税込)

住所:東京都台東区浅草橋1-27-9

浅草橋ビジネスホテル

浅草橋ビジネスホテルは、JR浅草橋駅から歩いて2分の所に位置し、両国国技館、銀座へもアクセスが便利で、全室無料インターネット回線完備のホテルだそうです。

料金:6,300円~7,960円(税込)

住所:東京都台東区浅草橋1-11-9

ベルモントホテル

ベルモントホテルは、JR浅草橋駅東口出口から歩いて2分の所に位置し、秋葉原、東京ドームへもアクセスが便利で、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:4,000円~19,500円(税込)

住所:東京都台東区柳橋1-2-8

まとめ

鳥越神社大祭の2018年の日程は、6月9日と10日の2日間で、毎年6月9日に近い土曜日と日曜日に開催されるようですね。また、祭りの見どころは、夜祭の神輿の提灯に明かりが灯される元祖提灯神輿で、荘厳で神秘的な雰囲気に感動するようですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ