東京マラソン2019のエントリー期間は?3つの参加方法とは?

東京マラソン2019のエントリー期間と3つの参加方法を説明しています。

エントリー方法は、一般エントリーで参加、チャリティーランナーで参加、プレミアムメンバーで参加という3つがあります。

それぞれ、エントリー期間と参加条件が違いますので、よく理解して自分がエントリーしたい部門を選びましょう。

スポンサーリンク

東京マラソン2019のエントリー期間は?

marathon

  • 一般エントリーで参加
  • チャリティーランナーで参加
  • プレミアムメンバーで参加

一般エントリーで参加

開催日

日程:3月3日(※3月第一日曜日)

2020年から新天皇の誕生日が2月23日になり、これまでの2月最終日曜日の開催では、天皇誕生日と重なる場合があるため2019年から3月第一日曜日に変更される。

(※予想、前回大会を参考)

●エントリー期間

エントリー期間は、2018年8月1日~8月31日までで、8月1日の10:00から公式ホームページからの申込受付が開始され、申込締切は、8月31日の17:00までとなっています。

●エントリー方法

・参加費

参加費は、10,800円が必要です。

・参加資格

参加資格は年齢が19歳以上で、42.195キロを6時間以内に完走できなければならないそうです。

・抽選結果

抽選結果は、2018年9月下旬頃に、申込みをした全員の人にEメールで通知されます。また、参加費の10,800円の入金締切りは、2018年の10月中旬頃までのようなので、忘れずに振込みしましょう。そして、2019年1月下旬頃に参加案内が送付されます。

・選手受付開始

選手受付開始は、2019年2月22日~24日に東京ビッグサイト西展示棟の東京マラソンEXPO2019会場で行われます。

スポンサーリンク

チャリティーランナーで参加

チャリティーランナーは、東京マラソンの「Run with Heart」というチャリティー活動の企画で、クラウドファンディングや自分で10万円以上寄付先団体に寄付することで、先着順で東京マラソンに参加できることだそうです。

※寄付先団体は、こちらの公式ページから確認できます。

また、募集は7月上旬~7月下旬のチャリティーランナーと8月下旬までのアクティブチャリティ定員4000人のうち上限の300人分となるそうです。

※寄付金は、2019年3月31日まで受付。

プレミアムメンバーで参加

marathon4

プレミアムメンバーは、年会費を4,320円支払い、東京マラソンの「One Tokyo」というプレミアムメンバーになることで、先着3,000人から抽選で東京マラソンに参加できるそうです。

●エントリー期間

2018年7月2日~7月31日(※先行エントリー)
2018年8月1日~8月31日(※一般エントリー)

まとめ

東京マラソンは毎年規模が拡大して、参加するのも年々難しくなっていますね。普通のエントリーで参加できなかった人で、どうしても参加したい人は、今回紹介したチャリティーランナーやプレミアムメンバーなどを利用するのも良いと思います。

10万円以上のお金や年会費がかかりますが、なにより社会貢献にも役立ちますね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ