秩父川瀬祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

秩父川瀬祭の2018年の日程を紹介しています。

また、秩父川瀬祭の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、秩父川瀬祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

秩父川瀬祭は、埼玉県秩父市の秩父神社の例祭で、江戸時代の当時の記録に「川瀬祭」という記述が残されていることから、この頃に始まったと考えられているそうです。

スポンサーリンク

秩父川瀬祭の2018年の日程

日程:7月19日と20日

アクセス

会場:秩父市街、秩父市番場、秩父神社

●電車

秩父鉄道秩父駅、3分
西武鉄道西武秩父駅、10分

●車

関越道花園IC、50分

※秩父川瀬祭の交通規制図は、こちらの公式サイトから確認できます。

●駐車場

秩父市宮地グランド

●周辺の有料駐車場の地図

秩父川瀬祭の始まりは?

秩父川瀬祭は、埼玉県秩父市の秩父神社で毎年7月に行われる例祭で、江戸時代の1659年の当時の記録に「川瀬祭」という記述が残されていることから、この頃に始まったとされ、平安時代に各地に広まった祇園祭が元になっていると考えられているそうです。

秩父川瀬祭の特徴は?

秩父川瀬祭は、祭り1日目の7月19日に宵宮が行われ、午後13時頃から、市内を山車が巡行し、夜には、8基の全ての山車が秩父神社に宮入し、「天王柱立神事」が行われ、境内内の平成殿の正面入口に高さ約6メートルの柱を立てて、日本神話にも登場する神様のスサノオを迎え入れるそうです。

その後、夜20時から毎年恒例の「秩父川瀬祭花火大会」が行われ、スターマインなど約1000発の花火が打ち上げられ、深夜には、「お水取り神事」が行われ、荒川の水を若者たちが汲みに行き、その水を町内に撒いて清めるそうです。

そして、7月20日の午前10時頃から市内を山車が巡行した後、15時頃に秩父公園橋下の武之鼻橋で、若者たちが神輿を担いで、荒川の清流に入り、川の水で神輿を洗う「神輿洗い」の儀式が行われた後、夜まで山車の巡行が続き、祭りが終了するそうです。

スポンサーリンク

秩父川瀬祭周辺のおすすめランチ

  • 野さか
  • 手打そば武蔵屋
  • 麺屋たつみ 喜心

野さか

野さかは、西武秩父駅から歩いて4分の所にある美味しい味噌豚丼のお店で、人気メニューの「バラ&ロース丼」は、炭火で焼き上げられ香ばしくジューシーで、器からはみ出る程のボリュームだそうです。

住所:埼玉県 秩父市 野坂町 1-13-11

手打そば武蔵屋

手打そば武蔵屋は、秩父駅から歩いて4分の所にある美味しいお蕎麦屋さんで、おすすめセットのつゆは、鴨、胡麻、とろろの3つから選べて、サクサクの舞茸の天ぷらと蕎麦の相性が最高だそうです。

住所:埼玉県 秩父市 番場町 4-11

麺屋たつみ 喜心

麺屋たつみ 喜心は、秩父駅から歩いて4分の所にある地元で人気のラーメン店で、曜日によって色々なラーメンが味わえて、土曜日の「濃厚煮干しラーメン」は、削り節と煮干しのスープのバランスが絶品だそうです。

住所:埼玉県 秩父市 宮側町 19-1

秩父川瀬祭周辺のおすすめホテル

  • 第一ホテル秩父
  • ナチュラルファームシティ農園ホテル
  • ホテルルートイン秩父

第一ホテル秩父

第一ホテル秩父は、秩父駅から歩いて1分の所に位置し、館内1Fに居酒屋の庄やがあり、秩父の観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:4,200円~7,900円(税込)

住所:埼玉県秩父市宮側町5番1号

ナチュラルファームシティ農園ホテル

ナチュラルファームシティ農園ホテルは、西武秩父駅からタクシーで7分の所に位置し、地元秩父産の野菜たっぷりのバイキングを堪能できるホテルだそうです。

料金:4,600円~31,000円(税込)

住所:埼玉県秩父市上宮地町上野台5911-1

ホテルルートイン秩父

ホテルルートイン秩父は、西武秩父駅から歩いて3分の所に位置し、和洋朝食無料サービス、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可ののホテルだそうです。

料金:5,087円~10,450円(税込)

住所:埼玉県秩父市野坂町2-3-18

まとめ

秩父川瀬祭の2018年の日程は、毎年7月19日と7月20日に行われるようですね。また、秩父川瀬祭は、冬に行われる「秩父夜祭」に対抗する夏祭りとして知られ、子供が主役のお祭りとされ、山車の最前部には、男女の小中学生が乗るそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ