天神祭奉納花火の2019年の日程は?混雑しない花火の鑑賞スポットは?

天神祭奉納花火の2019年の日程について紹介しています。また、天神際とはどんなお祭りなのか、天神祭奉納花火の見所、天神祭奉納花火のおすすめの鑑賞スポットも紹介しています。最後に、天神祭奉納花火周辺のおすすめホテルを紹介しています。

都島橋周辺からはライトアップされた大阪城と奉納花火を両方楽しめるそうです。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火の2019年の日程は?

日程:7月25日

時間:19時30分~20時50分

打ち上げ数:約5,000発

アクセス

会場:毛馬桜之宮公園

●電車

JR桜ノ宮駅西口、2分
地下鉄天満橋駅、5分

●周辺の有料駐車場の地図

天神祭とはどんなお祭り?

天神祭は、毎年130万人の人が訪れる、愛染まつり、住吉祭と並び、大阪の三大祭りの一つだそうです。そして、祭りの前夜祭として行われる宵宮(よみや)が7月24日に行われ、7月25日に本宮が行われるそうです。

そして、有名な奉納花火や天神際ギャルみこしで、盛大に賑わうそうです。また、祭りの最大のイベントは、大阪天満宮に祀られている、菅原道真公で、街の繁栄を祈願する目的で、道真公に街の様子を見ていただく、巡業が行われるそうです。

この巡業で最も有名なのが、25日の本宮に行われる、陸渡御(おかとぎょ)と船渡御(ふなとぎょ)で、その中でも船渡御は、千年以上もの歴史があり、水の都市大阪を代表するお祭りとして、現在まで続いてきたそうです。

天神祭奉納花火の見所は?

天神祭奉納花火の見所は、奉納花火のオープニングに打ち上げる「紅梅花火」、「スターマイン」、「空中ナイアガラ」、「仕掛け文字花火」だそうです。その中でも有名なのが、蚊取り線香の金鳥のCMに使われていた「KINCHO」などの仕掛け文字花火で、10文字まで上げることが可能だそうです。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火のおすすめの鑑賞スポット

天神祭奉納花火で一番人気のある鑑賞スポットは、屋台もたくさん出ている桜之宮公園周辺ですが、混雑具合も大変混み合うそうです。なので、早めに場所取りをしてましょう。

都島橋周辺から大阪城と奉納花火を両方楽しむ

都島橋周辺は、綺麗にライトアップされた大阪城と奉納花火の両方を楽しむことができるそうです。また、混雑具合も大人気の鑑賞スポット比べると、緩やかで場所取りもしやすいそうです。

また、都島橋からさらに北に行くと歩行者専用の飛翔橋があり、奉納花火の会場からかなり距離が離れますが、人も少なめで、混雑を避けて、ゆっくりと花火楽しみたい人にはおすすめの鑑賞スポットだそうです。

最寄り駅:大阪市営地下鉄谷町線「都島」駅より徒歩約8分

天神祭奉納花火周辺のおすすめホテル

  • ホテル京阪天満橋
  • ホテルリブマックス大手前
  • 大阪キャッスルホテル

ホテル京阪天満橋

ホテル京阪天満橋は、天満橋駅東口出口から歩いて1分の所に位置し、館内Wi-Fiが利用でき、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:2,500円~136,000円(税込み)

住所:大阪府大阪市中央区谷町1-2-10

ホテルリブマックス大手前

ホテルリブマックス大手前は、地下鉄天満橋駅から歩いて1分の所に位置し、全室電子レンジ完備、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:4,000円~25,200円(税込み)

住所:大阪府大阪市中央区大手前1-6-5

大阪キャッスルホテル

大阪キャッスルホテルは、天満橋駅から歩いて2分の所に位置し、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可の大阪の観光やビジネスの拠点として便利なホテルだそうです。

料金:3,000円~21,500円(税込み)

住所:大阪府大阪市中央区天満橋京町1-1

まとめ

天神祭奉納花火の2019年の日程は、毎年7月25日に開催され、予定時間は19時30分~20時50分までのようですね。

また、都島橋周辺は、ライトアップされた大阪城と奉納花火を両方楽しむことができ、混雑具合も緩いようなので、ゆっくりと大阪城と花火を楽しみたい人にはおすすめの鑑賞スポットですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ