田辺城まつりの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

田辺城まつりの2018年の日程を紹介しています。

また、田辺城まつりの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、田辺城まつり周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

田辺城まつりは、京都府舞鶴市の舞鶴公園一帯で行われるお祭りで、ふるさと創生事業の一つとして田辺城の城門の完成イベントが行われたのが始まりだそうです。

スポンサーリンク

田辺城まつりの2018年の日程

日程:5月26日と27日(※予想、5月最終日曜日と前日の土曜日)

アクセス

会場:舞鶴公園一帯

●電車

JR西舞鶴駅、5分

●車

舞鶴若狭自動車道舞鶴東IC、23分

●周辺の有料駐車場の地図

田辺城まつりの始まりは?

田辺城まつりは、京都府舞鶴市の舞鶴公園一帯で毎年5月に行われるお祭りで、1992年に舞鶴市の歴史と文化に着目し、ふるさと創生事業の一つとして田辺城の城門の完成イベントが行われたのが始まりだそうです。

田辺城まつりの特徴は?

田辺城まつりは、田辺藩初代城主の細川幽斎公が関ヶ原の戦いの決戦前夜に田辺城で籠城を行った様子を、章仕立てで構成しているそうです。

第一章の、「いざ籠城」では、会場の城門前でまつり開会が行われ、田辺城に町民たちが米を寄付した様子を再現する、「寄進米みこし」が行われるそうです。

また、第二章では、会場の公園あやめ池で、籠城中の最中に行われた、幽斎公と和睦を勧めるためにやってきた朝廷の使者との様子を再現する芝居の、「心種園小芝居 古今伝授」が披露されるそうです。

そして、第三章では、会場の城門前で、籠城を終え、関ヶ原の戦いに勝利した凱旋行列の「御城下大行列」が行われ、鎧武者やちびっ子武者、町内太鼓、子供みこしなど約1000名が参加し、駅から商店街を回って帰ってくるそうです。

スポンサーリンク

田辺城まつり周辺のおすすめランチ

  • 魚源
  • ラーメン一丁
  • 鶴港 漁師小屋

魚源

魚源は、舞鶴市にある居酒屋さんで、地元舞鶴市の新鮮な魚介を使った創作料理が食べられ、ランチメニューの特上海鮮丼は新鮮な魚が2重に乗っていて絶品の味わいだそうです。

住所:京都府 舞鶴市 引土 263-18

ラーメン一丁

ラーメン一丁は、西舞鶴駅の近くにある人気のラーメン店で、名物の「名物とんこくラーメン」は、とろみのあるスープがコクがあり、他にも唐揚げや餃子も美味しいそうです。

住所:京都府 舞鶴市 平野屋 82

舞鶴港 漁師小屋

舞鶴港 漁師小屋は、舞鶴市にある居酒屋さんで、美味しい牡蠣が食べられると好評で、他にも濃厚な甘みのあるウニや舞鶴の新鮮な魚介が味わえるそうです。

住所:京都府 舞鶴市 本 56

田辺城まつり周辺のおすすめホテル

  • 舞鶴グランドホテル
  • プラザホテル舞鶴
  • 旅館 銀水閣

舞鶴グランドホテル

舞鶴グランドホテルは、JR西舞鶴駅から歩いて1分の所に位置し、アクセスも便利で、舞鶴市の観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:5,700円~10,000円(税込)

住所:京都府舞鶴市円満寺124

プラザホテル舞鶴

プラザホテル舞鶴は、JR西舞鶴駅西口から歩いて3分の所に位置し、無料朝食サービス、門限なしで、24時間フロント対応のホテルだそうです。

料金:2,700円~12,800円(税込)

住所:京都府舞鶴市引土折原39-1

旅館 銀水閣

旅館 銀水閣は、JR西舞鶴駅から歩いて5分の所に位置し、静かなお部屋でゆっくりとくつろげる旅館だそうです。

料金:4,000円~14,500円(税込)

住所:京都府舞鶴市引土199

まとめ

田辺城まつりの2018年の日程は、5月26日と27日の2日間で、毎年5月最終日曜日と前日の土曜日に行われるようですね。また、幽斎公は兵わずか500人で、約2ヶ月間にわたり田辺城に籠城し、15000人の敵兵を釘付けにして、関ヶ原の戦いを勝利に導いたそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ