根来寺の2020年の桜の見頃は?アクセスと周辺駐車場は?

根来寺の2020年の桜の見頃、会場へのアクセスと周辺駐車場を紹介しています。

また、周辺のおすすめホテルを紹介しています。

根来寺の桜は、和歌山県岩出市根来にある新義真言宗総本山の寺院の根来寺で見られ、日本さくら名所100選にも選ばれているそうです。

スポンサーリンク

根来寺の2020年の桜の見頃は?

見頃:3月下旬~4月上旬(※例年)

アクセス

会場:和歌山県岩出市根来2286

●電車

JR紀伊駅→バス、根来下車、約20分

JR和泉砂川駅→バス、根来寺下車、すぐ

●車

京奈和自動車道岩出根来IC、5分

●駐車場

無料:80台

※期間中は、周辺道路が大変混雑するため、公共交通機関のご利用を推奨。

●周辺の駐車場の地図

根来寺の桜の特徴は?

根来寺の桜は、和歌山県岩出市根来にある新義真言宗総本山の寺院の根来寺で見られるそうです。

そして、3月下旬頃から、ネゴロザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ボタンザクラ、シダレザクラなどの桜の鑑賞ができ、日本さくら名所100選にも選ばれているそうです。

スポンサーリンク

根来寺周辺のおすすめホテル

根来温泉国分屋

根来温泉国分屋は、JR阪和線紀伊駅→和歌山バス、約15分、根来下車から歩いて約10分の所に位置し、根来寺の入口にあり、大浴場ありで、お料理は自慢の名物、「山菜僧兵鍋」を味わえるそうです。

料金:6,000円~13,700円(税込み)

住所:和歌山県岩出市根来1446

まとめ

根来寺の2020年の桜の見頃は、3月下旬~4月上旬(※例年)までのようですね。また、根来寺には、国宝で日本最大の木造多宝塔の、「大塔」や重要文化財の、「大師堂」があり、2つの建物は、秀吉による焼き討ちの際にも難を逃れたとされ、建物の内部には、その時の火縄銃の弾の跡が残されているそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ