塩竈みなと祭りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

塩竈みなと祭りの2018年の日程を紹介しています。

また、塩竈みなと祭りの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、塩竈みなと祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

塩竈みなと祭りは、宮城県塩竈市の塩釜港周辺で行われるお祭りで、戦後の市民に活気を与え、塩竈の港町の経済発展を祈願して行われるようになったそうです。

スポンサーリンク

塩竈みなと祭りの2018年の日程

日程:7月15日と16日(※予想、7月第三月曜日とその前日)

アクセス

会場:塩竈市港町、塩釜港周辺

●電車

JR塩釜駅、10分

●車

仙台東部道路仙台港北IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

塩竈みなと祭りの始まりは?

塩竈みなと祭りは、宮城県塩竈市の塩釜港周辺で毎年7月の海の日に行われるお祭りで、1948年から始まり戦後の市民に活気を与え、塩竈の港町の経済発展を祈願して行われるようになったそうです。

塩竈みなと祭りの特徴は?

塩竈みなと祭りは、祭りの前夜祭の夜20時から塩釜港で、恒例の「塩竈みなと祭 前夜祭花火大会」が行われ、スターマインなど約8000発が打ち上げられるそうです。

また、本祭では、鹽竈神社と志波彦神社の神輿が市内を練り歩いた後に、塩竈港で御座船の龍鳳丸と鳳凰丸に乗り込み、その後を100隻以上の漁船が大漁旗を揚げて、太鼓や笛を奏でながら海上をパレードする「神輿海上御渡」が行われるそうです。

スポンサーリンク

塩竈みなと祭り周辺のおすすめランチ

  • すし哲
  • 亀喜寿司
  • 鮨 しらはた

すし哲

すし哲は、本塩釜駅から歩いて3分の所にある有名なお寿司屋さんで、旬ネタの人気の「特上にぎり」やカニの旨みでいっぱいの美味しいお味噌汁などが味わえるそうです。

住所:宮城県 塩竈市 海岸通 2-22

亀喜寿司

亀喜寿司は、本塩釜駅から歩いて7分の所にある人気のお寿司屋さんで、脂が乗った本まぐろの大トロや醤油の他に塩釜の藻塩を付けて食べるまぐろの赤身は絶品の味わいだそうです。

住所:宮城県 塩竈市 新富町 6-12

鮨 しらはた

鮨 しらはたは、本塩釜駅から歩いて3分の所にある地元の有名寿司店で、人気の「おまかせ握り」は、お吸い物とデザートが付き、他にも旬の美味しい料理が味わえるそうです。

住所:宮城県 塩竈市 海岸通 2-10

塩竈みなと祭り周辺のおすすめホテル

スマイルホテル塩釜

スマイルホテル塩釜は、JR本塩釜駅からタクシーで5分の所に位置し、松島までのアクセスも便利で、観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:3,000円~12,600円

住所:宮城県塩竈市新富町18-31

まとめ

塩竈みなと祭りの2018年の日程は、7月15日と16日の2日間で、毎年7月第三月曜日の海の日とその前日に行われるようですね。また、塩竈みなと祭りは、広島県の厳島神で行われる「管絃祭」と神奈川県の貴船神社で行われる「貴船まつり」とともに「日本三大船祭り」としても有名なお祭りだそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ