篠田の花火の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

篠田の花火の2018年の日程を紹介しています。

また、篠田の花火の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、篠田の花火周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

篠田の花火は、滋賀県近江八幡市の篠田神社の祭礼で行われる花火大会で、江戸時代に雨乞いをするために、硝石を使って花火を作り奉納したことが始まりだそうです。

スポンサーリンク

篠田の花火の2018年の日程

日程:5月4日
(※雨天の場合、翌5日に開催)

時間:21時頃

アクセス

会場:篠田神社

●電車

JR琵琶湖線近江八幡駅→バス上田下車、5分

●車

新名神高速道路甲賀土山IC、47分

●駐車場

臨時駐車場(※駐車台数は少ない)

●周辺の有料駐車場の地図

篠田の花火の始まりは?

篠田の花火は、滋賀県近江八幡市の篠田神社の祭礼で、毎年5月に行われる花火大会で、江戸時代に雨乞いをするために、天然の硝酸塩鉱物の一種の硝石を使って花火を作り奉納したことが始まりと言われているそうです。

篠田の花火の特徴は?

篠田の花火は、5月4日の午後19時頃に篠田神社の境内に大松明が建てられ、21時頃に花火が奉納され、火炎と煙が爆音とともに境内を包み込み中、美しい花火絵が浮き上がるそうです。

また、花火の大きさは高さ10メートル、幅22メートルもあり、製作期間は約10ヶ月にも及び、毎年異なるテーマの花火絵が描かれ、多くの人々が訪れて花火観賞が行われ賑わいを見せるそうです。

スポンサーリンク

篠田の花火周辺のおすすめランチ

  • 特選近江牛レストラン ティファニー
  • 毛利志満 近江八幡本店
  • シャーレ水ヶ浜

特選近江牛レストラン ティファニー

特選近江牛レストラン ティファニーは、近江八幡駅から歩いて4分の所にある鉄板焼きレストランで、シェフが上質の近江牛を目の前の鉄板で焼き、肉質もとても柔らかく絶品の味わいだそうです。

住所: 滋賀県近江八幡市鷹飼町558 カネ吉山本

毛利志満 近江八幡本店

毛利志満 近江八幡本店は、近江八幡市にある老舗の和食店で、近江牛のステーキは、脂がとてもあまく、店内にはたくさんの著名人が訪れたことを表すサインが飾られている人気店だそうです。

住所:滋賀県 近江八幡市 東川町 866-1

シャーレ水ヶ浜

シャーレ水ヶ浜は、琵琶湖を一望できる高台にあるカフェ店で、ケーキセットやサラダ付きの豊富な軽食メニューがあり、昔ながらの喫茶店ピラフもとても美味しいそうです。

住所:滋賀県 近江八幡市 長命寺町 水ヶ浜184水ヶ浜184

篠田の花火周辺のおすすめホテル

  • グリーンホテルYes近江八幡
  • ホテルはちまん
  • ビジネス第一ホテル近江八幡

グリーンホテルYes近江八幡

グリーンホテルYes近江八幡は、JR近江八幡駅北出口から歩いて8分の所に位置し、人工温泉大浴場、レストラン、宴会場完備のホテルだそうです。

料金:4,266円~18,036円(税込)

住所:滋賀県近江八幡市中村町21-6

ホテルはちまん

ホテルはちまんは、JR近江八幡駅から歩いて5分の所に位置し、朝食和食バイキングがあり、観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:3,750円~12,300円(税込)

住所:滋賀県近江八幡市桜宮町285

ビジネス第一ホテル近江八幡

ビジネス第一ホテル近江八幡は、JR近江八幡北口から歩いて5分の所に位置し、無料朝食サービス、大浴場、サウナ完備のリーズナブルな価格で利用できるホテルだそうです。

料金:4,600円~8,000円(税込)

住所:賀県近江八幡市白鳥町48-9

まとめ

篠田の花火の2018年の日程は、毎年5月4日に行われるようですね。また、使用される花火は、全国的にも珍しい硝石を調合した火薬が使われていて、国の選択無形民俗文化財にも指定される、文化的にも大変貴重なものだそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ