三条祭りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

三条祭りの2018年の日程を紹介しています。

また、三条祭りの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、三条祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

三条祭りは、新潟県三条市の三条八幡宮のお祭りで、当時の越後村上藩の6代目藩主だった内藤信敦が、京都所司代に任命されたことを祝い、大名行列を行ったことが始まりだそうです。

スポンサーリンク

三条祭りの2018年の日程

日程:5月14日と15日

アクセス

会場:三条八幡宮

●電車

JR弥彦線北三条駅、10分

●車

北陸自動車道三条燕IC、10分

※交通規制情報は、こちらの三条市の公式サイトから確認できます。

※祭り期間中は、会場周辺は大変混雑するため、公共交通機関の利用を推奨。

●駐車場

※臨時駐車場

体育文化センター
中央市場駐車場
三条鍛冶屋駐車場

●周辺の有料駐車場の地図

三条祭りの始まりは?

三条祭りは、新潟県三条市の三条八幡宮で、毎年5月に行われるお祭りで、江戸時代の終わり頃の1823年に、当時の越後村上藩の6代目藩主だった内藤信敦が、江戸幕府により、京都の治安を維持するために作られた京都所司代に任命されたことを、三条の人々が祝い、大名行列が行われたことが、始まりと言われているそうです。

三条祭りの特徴は?

三条祭りは、5月14日の夕方から、宵宮が三条八幡宮境内で行われ、隣接する八幡公園で、露店が開かれ多くの人々で賑わい、5月14日の午前中に、「傘鉾コンクール」が開催され、市内の企業や町内が専用の大型の傘の上に、家庭のザルやたわしなどの日用品を使って、世相を風刺し、人形の出来栄えを競い合うイベントが行われるそうです。

また、13時頃に、大名行列が三条八幡宮から田島の諏訪神社までを練り歩き、行列の中の天狗は、約60cmある一本歯の高下駄を履いていて、練り歩く際にバランスを崩して転んだ場合は、街に災いが起こると信じられていたそうです。

そして、夕方頃には、天狗と神輿が三条八幡宮に戻り、子供の成長と無病息災を願って、「舞い込み」と言われる伝統行事が行われ、子供を肩車した親が、天狗と神輿の周りを3周回るそうです。

その後、祭りを終えたくない民衆と神輿を本殿に戻そうとする担ぎ手の間で、祭り最大の見どころの「揉み合い」が行われ、祭り囃子と太鼓が鳴る中3回行われ、全ての神輿が本殿に戻ると、祭りが終了するそうです。

スポンサーリンク

三条祭り周辺のおすすめランチ

  • 魚家
  • とんかつ三条
  • 大衆食堂正広

魚家

魚家は、三条市にある超巨大な牡蠣フライが食べられるお店で、ハンバーグ位の大きさの牡蠣フライは、ふっくらジューシーで、ランチのサンマの刺身か塩焼き、牡蠣フライ、惣菜のセットがおすすめだそうです。

住所:新潟県 三条市 上須頃 850-8

とんかつ三条

とんかつ三条は、東三条駅から歩いて6分の所にある人気のとんかつ専門店で、ランチはボリューム満点でご飯と味噌汁がお代わり無料となっていて、トンカツ以外にもチキンカツも食べられるそうです。

住所:新潟県 三条市 東三条 1-3-27

大衆食堂正広

大衆食堂正広は、新潟名物の1つの「三条カレーラーメン」が食べられるお店で、懐かしい家庭の味がするカレーと大きめの具が食欲をそそり、カレーのトロミが麺によく絡み、癖になる美味しさだそうです。

住所:新潟県 三条市 石上 2-13-38

三条祭り周辺のおすすめホテル

  • コンフォートホテル燕三条
  • アパヴィラホテル<燕三条駅前>
  • 燕三条ワシントンホテル

コンフォートホテル燕三条

コンフォートホテル燕三条は、JR燕三条駅から歩いて3分の所に位置し、全室禁煙、朝食無料サービス、Wi-Fi対応で、米国発世界最大級のホテルチェーンだそうです。

料金:2,900円~15,000円(税込)

住所:新潟県三条市須頃2丁目115

アパヴィラホテル<燕三条駅前>

アパヴィラホテル<燕三条駅前>は、上越新幹線燕三条駅燕口から歩いて3分の所に位置し、自慢のラヂウム人工温泉大浴殿があり、観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:2,350円~18,000円(税込)

住所:新潟県燕市井土巻3丁目211

燕三条ワシントンホテル

燕三条ワシントンホテルは、上越新幹線燕三条駅から歩いて5分の所に位置し、イオン県央店が隣接するためショッピングに便利で、観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:2,950円~11,915円(税込)

住所:新潟県燕市井土巻3-65

まとめ

三条祭りの2018年の日程は、毎年5月14日と15日の2日間に行われるようですね。また、15日の夕方から行われる「舞い込み」に参加する場合は、怪我防止のために白足袋を着用し、おんぶや抱っこ、首のすわっていない赤ちゃんの参加は危険なため、ご遠慮下さいとのことです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ