さいたま市花火大会の2018年の日程は?会場周辺の駐車場は?

さいたま市花火大会の2018年の日程を紹介しています。

また、会場周辺の駐車場の地図を掲載し、さいたま市花火大会の始まりと特徴を紹介しています。

さいたま市花火大会は、埼玉県さいたま市で開催される花火大会で、2001年に浦和市・大宮市・与野市が合併し、さいたま市になったため、市内3つの会場で開催されているそうです。

スポンサーリンク

さいたま市花火大会の2018年の日程

※画像はイメージ

日程

大和田公園会場
7月30日:19:30~(※2017年の日程)
打ち上げ数 約5000発

アクセス

●電車

東武鉄道大宮公園駅、大和田駅、15分

●車

首都埼玉新都心線与野、22分

●周辺の有料駐車場の地図

日程

大間木公園会場
8月11日:19時30分~(※2017年の日程)
打ち上げ数 約5000発

アクセス

●電車

JR東浦和駅、20分

●車

東京外環自動車道川口西IC、12分

●周辺の有料駐車場の地図

日程

岩槻文化公園会場
8月19日:19:30~(※2017年の日程)
打ち上げ数 約3600発

アクセス

●電車

東武鉄道岩槻駅、東岩槻駅、40分

●車

東北自動車道岩槻IC、17分

●周辺の有料駐車場の地図

さいたま市花火大会の始まりは?

さいたま市花火大会は、埼玉県さいたま市で開催される花火大会で、2001年に浦和市・大宮市・与野市が合併し、さいたま市になったため、市内3つの会場で開催されている花火大会の名称を、さいたま市花火大会へと統一したそうです。

スポンサーリンク

さいたま市花火大会の特徴は?

さいたま市花火大会は、3つの会場のうち1番目が大和田公園会場で行われ、2番目は、東浦和の大間木公園会場で行われ、最後の3番目に岩槻文化公園会場で行われるそうです。

そして、それぞれの会場では、早打ちスターマインなど花火が打ち上げられ、さいたま市の夜空を華やかに彩るそうです。

まとめ

さいたま市花火大会は、2001年に浦和市・大宮市・与野市が合併し、さいたま市が誕生したことにより、以前に行われていた同じ市内の3会場で、それぞれ行われる花火大会のようですね。また、さいたま市花火大会は、関東でも有数の規模を誇る花火大会として有名だそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ