相模国府祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

相模国府祭の2018年の日程を紹介しています。

また、相模国府祭の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、相模国府祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

相模国府祭は、神奈川県中郡大磯町国府本郷の六所神社、神揃山、大矢場で行われるお祭りで、相模の5つの神社の神様を六所神社に合わせて祀ったことが始まりだそうです。

相模国府祭の2018年の日程

日程:5月5日

アクセス

会場:六所神社、神揃山、逢親場(馬場公園)

●電車

JR大磯駅→バス国府新宿、5分

●車

小田原厚木道路大磯IC、6分

●周辺の有料駐車場の地図

相模国府祭の始まりは?

相模国府祭は、神奈川県中郡大磯町国府本郷の六所神社、神揃山、大矢場で、毎年5月に行われるお祭りで、平安時代に当時の相模国内にあった5つの神社の神様を柳田大明神として、現在の六所神社に合わせて祀ったことが始まりと言われているそうです。

相模国府祭の特徴は?

相模国府祭は、祭り前日の5月4日に神事の「浜降り」が行われ、祭り当日の5月5日の朝に「発御祭」が行われた後、5つの神輿が神揃山を目指して出発するそうです。

また、神輿の到着後に「五社祭典」が行われ、五穀豊穣、国家安泰を祈願し、集まった人々に小餅が撒かれる「チマキ撒き」が行われるそうです。

そして、正午から神事の「座問答」が行われ、神様を憑依させた寒川神社と川勾神社の神主が虎の皮を祭壇に近づけて、当時の神社同士の闘争の様子が表現されるそうです。

また、六所神社では、座問答と同じ頃に、「大神輿宮立祭典」が行われた後、神輿が大矢場の広場に向かい、舟形舞台で「鷺の舞」が奉納され、一宮から五宮までの神様を奉る「神対面神事」が行われた後、五社の神輿が大矢場からそれぞれ帰還し、祭りが終了するそうです。

スポンサーリンク

相模国府祭周辺のおすすめランチ

  • めしや 大磯港
  • 大磯迎賓館
  • マッサマン タイキッチン

めしや 大磯港

めしや 大磯港は、大磯駅から歩いて9分の所にある美味しい定食屋さんで、大磯漁港でその日に水揚げされた新鮮な魚介類が味わえ、人気のランチ定食は、刺身、フライ、焼き物、副菜、味噌汁が付いてボリューム満点だそうです。

住所:神奈川県 中郡大磯町 大磯 1398-18

大磯迎賓館

大磯迎賓館は、大磯駅から歩いて2分の所にある美味しいイタリアンレストランで、湘南の魚介類を使った料理や人気の石釜ピッツァが食べられるそうです。

住所:神奈川県 中郡大磯町 大磯 1007

大磯駅 徒歩9分

マッサマン タイキッチン

マッサマン タイキッチンは、大磯駅から歩いて5分の所にあるタイ料理店で、本格的なタイ料理がリーズナブルな値段で食べられ、人気メニューのマッサマンカレーとグリーンカレーのセットは最高に美味しいそうです。

住所:神奈川県 中郡大磯町 大磯 1045-6

相模国府祭周辺のおすすめホテル

  • 大磯プリンスホテル
  • THE HOURS湘南平塚
  • グランドホテル神奈中平塚

大磯プリンスホテル

大磯プリンスホテルは、JR大磯駅からタクシーで7分の所に位置し、湘南の潮の香りと爽やかな日差しを浴びれるスポーツリゾートとして、1年を通じて楽しめるホテルだそうです。

料金:4,276円~175,758円(税込)

住所:神奈川県中郡大磯町国府本郷546

THE HOURS湘南平塚

THE HOURS湘南平塚は、JR平塚駅西口から歩いて4分の所に位置し、全室PC完備で、オンラインゲーム、映画、コミックが無料で利用できるそうです。

料金:2,000円~12,850円(税込)

住所:神奈川県平塚市明石町24-9

グランドホテル神奈中平塚

グランドホテル神奈中平塚は、JR平塚駅南口、西口から歩いて2分の所に位置し、鎌倉、江ノ島へも近く、観光の拠点として最適なホテルだそうです。

料金:4,100円~12,000円(税込)

住所:神奈川県平塚市八重咲町6-18

まとめ

相模国府祭の2018年の日程は、毎年5月5日に行われるようですね。また、五社祭典で撒かれるチマキ撒きの小餅を食べると、病気をしないと言われているそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ