大分七夕まつりの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

大分七夕まつりの2018年の日程を紹介しています。

また、大分七夕まつりの特徴を紹介し、最後に、大分七夕まつり周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

大分七夕まつりは、大分県大分市の中央通り周辺で行われる七夕祭りで、祭り最終日には、毎年恒例の大分合同新聞花火大会が行われ、約6000発の花火が打ち上げられるそうです。

スポンサーリンク

大分七夕まつりの2018年の日程

日程:8月3日~5日(※予想、8月第一金曜日~日曜日)

アクセス

会場:大分市中央通り、48万人の広場、他

●電車

JR大分駅すぐ

●車

大分自動車道大分IC、12分

●周辺の有料駐車場の地図

大分七夕まつりの特徴は?

大分七夕まつりは、大分県大分市の中央通り周辺で、毎年8月に行われる七夕祭りで、祭り1日目の夜から歩行者天国となった中央通りの48万人の広場で「府内戦紙」が行われ、20基以上の山車と踊り隊が練り歩くそうです。

また、祭り2日目の夜には、中央通りで「チキリンばやし市民総おどり大会」が行われ、約2000名の踊り手が参加してチキリンと呼ばれる鉦のリズムに合わせて舞い踊るそうです。

そして、祭り3日目の最終日の夜には、ゴスペルが歌われる「七夕ブロードウェイ」が行われる他、午後20時から会場の弁天大橋上流で毎年恒例の「大分合同新聞花火大会」が行われ、音楽にシンクロする花火など、約6000発が打ち上げられ、祭りのフィナーレを飾るそうです。

スポンサーリンク

大分七夕まつり周辺のおすすめランチ

  • 八條
  • おめでたい
  • あんとれ

八條

八條は、大分駅から歩いて6分の所にある海鮮居酒屋で、人気の「刺身盛」はリーズナブルな値段で食べられ、ウニを自分で乗せられる「海鮮丼」やふっくらと柔らかい「煮アナゴ」も絶品だそうです。

住所:大分県 大分市 中央町 2-5-24クインビル1F

おめでたい

おめでたいは、大分駅から歩いて3分の所にある人気のラーメン店で、濃厚な豚骨スープの「ラーメン」は、厚切りチャーシューが入りボリューム満点で、ランチ時にはキャベツが食べ放題だそうです。

住所:大分県 大分市 末広町 1-1-5 末光ビル1F

あんとれ

あんとれは、大分駅から歩いて5分の所にある人気の洋食屋さんで、大分名物のとり天が食べられ、「とり天と釜飯のセット」は、スライスした胸肉のとり天に濃い目の醤油タレが染み込み絶品だそうです。

住所:大分県 大分市 中央町 2-2-22 豊陽ビル1F

大分七夕まつり周辺のおすすめホテル

  • JR九州ホテル ブラッサム大分
  • コモドホテル(COMODO HOTEL)
  • ホテルルートイン大分駅前

JR九州ホテル ブラッサム大分

JR九州ホテル ブラッサム大分は、JR大分駅から歩いて3分の所に位置し、天然温泉大浴場、展望露天風併設で、全室無料インターネット回線、LAN接続可のホテルだそうです。

料金:5,350円~29,700円(税込)

住所:大分県大分市要町1-14

コモドホテル(COMODO HOTEL)

コモドホテル(COMODO HOTEL)は、JR大分駅から歩いて1分の所に位置し、無料朝食サービス、天然温泉露天風呂に入れ、全館Wi-Fi対応で、大分の観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:5,940円~8,300円(税込)

住所:大分県大分市金池町1-2-1

ホテルルートイン大分駅前

ホテルルートイン大分駅前は、JR大分駅から歩いて3分の所に位置し、飲食、ショッピングエリアも近く、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可のホテルだそうです。

料金:4,000円~9,500円(税込)

住所:大分県大分市金池町1-3-1

まとめ

大分七夕まつりの2018年の日程は、8月3日~5日(※予想)の3日間で、毎年8月の第一金曜日~日曜日に開催されるようですね。また、府内戦紙の「府内(ふない)」とは、大分市の古い呼び名で、「戦紙(ぱっちん)」とは、武者姿や昇り龍などをかたどった山車のことだそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ