沖縄の海開きで2018年3月から海水浴が楽しめるビーチを紹介!

沖縄の海開きで2018年3月から海水浴ができるビーチを紹介しています。

万座ビーチ、八重山、かりゆしビーチ、オクマビーチ、の4つのビーチの特徴と楽しみ方を紹介しています。

沖縄のビーチで、一足先に海水浴やマリンアクティビティーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

万座ビーチ

海開き

2018年3月17日 (※予定)

万座ビーチは、サンゴ礁に囲まれていて、内海が特徴的な静かな雰囲気の海水浴場だそうです。また、マリンアクティビティも豊富にあり、ゆっくり滞在型リゾートを楽しめるそうです。そして、対岸には沖縄本島の中でも有名な景勝地と知られる「万座毛」も望むことができるそうです。

八重山

海開き

2018年3月21日

八重山は日本最南端の海開きで、沖縄県の石垣市、竹富町、与那国町で毎年交互に海開きが行われ、2018年は石垣島のマエサトビーチで海開きが行われるそうです。また、郷土芸能や音楽ライブなどのイベントも行われ、毎年恒例となっている、ミス八重山の発表もこの時にされるそうです。

かりゆしビーチ

海開き

2018年3月23日

かりゆしビーチは、本島北部の恩納村の西海岸に位置する「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」のプライベートビーチで、前も後ろも海という独特の形が特徴のビーチで、各種マリンアクティビティが楽しめるそうです。また、サンゴ礁の再生を目的とするプログラムの「サンゴ苗づくり」を実施中だそうです。

スポンサーリンク

オクマビーチ

海開き

2018年3月25日

オクマビーチは、元アメリカ軍の保養施設があったところにできた、リゾートホテルのビーチで、天然の白い砂浜が1km続いていて、環境省が毎年行っている、水質ランクでも、最高級の「AA」を獲得しているそうです。また、ホテルの宿泊客以外の人でも、様々なマリンアクティビティを利用できるそうです。

 

まとめ

沖縄の海開は3月から始まるようですね。なので、わざわざ海外旅行に行かなくても、国内でリゾート気分を満喫できるのも沖縄の魅力ですね。また、八重山の海開きでは、毎年恒例となっているミス八重山も発表されるようですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ