長崎くんちの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

長崎くんちの2018年の日程を紹介しています。

まず、長崎くんちの始まりと特徴を紹介し、次に、「くんち」の由来と龍踊りについて説明しています。

最後に周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

長崎くんちは、長崎奉行がキリスト教徒を鎮圧するために行ったことが始まりだと言われているそうです。

スポンサーリンク

長崎くんちの2018年の日程は?

日程:10月7日~9日

アクセス

会場:長崎市内、諏訪神社

●電車

JR長崎駅

●車

長崎自動車道長崎芒塚IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

長崎くんちの始まりは?

長崎くんちは、長崎奉行によりキリスト教徒を鎮圧するために行われたそうですが、1634年高尾と音羽という2人の遊女が神様の前で謡曲の「小舞」を奉納したことが始まりとも言われているそうです。

謡曲(ようきょく)とは、能の脚本を文章にしたもの。

長崎くんちの特徴は?

崎くんちは「長崎くんちの奉納踊」として、国の重要無形民俗文化財に指定されていて「龍踊」、「鯨の潮吹き」、「太鼓山」、「阿蘭陀万才」、「御朱印船」などの東南アジアやポルトガルやオランダなどの南蛮文化を表現した独特な演目が披露されるそうです。

また、京都の影響を受けたとされる巨大な傘鉾を担いで、神前に奉納する行事なども行わるそうです。

「くんち」の由来は?

くんちとは、旧暦の9月9日に行われていた「重陽の節句」を九州の北部地方の方言で「くにち=くんち」と呼ばれていたことが由来だと言われているそうです。

重陽の節句(ちょうようのせっく)とは、古来の中国で、奇数の9が重なる旧暦の9月9日は大変縁起の良い日だとされおり、この日に菊の香りがする菊酒を飲んで、長寿を願う風習があった。

長崎くんちの龍踊りとは?

長崎くんちの演目で最も有名な出し物で「踊り町」によって登場する龍の種類や演出内容が異なり、1頭の龍には交代人員や総指揮者を含めると約80名もの人で構成されているそうです。

踊り町(おどりちょう)とは、長崎市内にある59の町を7組に分けられた呼び名で、7年に1度当番が回ってきて、様々な演目を長崎くんちで披露する。

スポンサーリンク

長崎くんち周辺のおすすめランチ

  • いけ洲居酒屋 むつ五郎
  • にっしょうかん 別邸 紅葉亭

いけ洲居酒屋 むつ五郎

いけ洲居酒屋 むつ五郎は、天然の魚介類が食べられる日本料理店で、人気メニューの「イカの活き造り」は季節ごとに違ったイカの種類を味わえるそうです。

住所:長崎県 長崎市 八幡町 9-8

にっしょうかん 別邸 紅葉亭

にっしょうかん 別邸 紅葉亭は、温泉に入れてゆったりくつろげる和食のお店で、絶景の景色を見ながら食べるお料理は格別だそうです。

住所:長崎県 長崎市 立山 5-13-65

桜は、リーズナブルなお値段のお刺身や海鮮丼が食べれる日本料理店で、毎日開店前から行列が出来るほどの人気店だそうです。

住所:長崎県 長崎市 岩川町 5-75-7

長崎くんち周辺のおすすめホテル

  • ペンション バーデンハイム
  • ふじわら旅館
  • ホテル長崎

ペンション バーデンハイム

ペンション バーデンハイムは、諏訪神社前から歩いて1分の所に位置し、長崎くんちの観光に最適なお宿だそうす。

料金:3,000円~9,000円(税込み)

住所:長崎県長崎市馬町54

ふじわら旅館

ふじわら旅館は、長崎駅から歩いて8分の所に位置し、路面電車の桜町駅も直ぐ近くにあり、長崎観光に最適な旅館だそうです。

料金:4,400円~7,600円(税込み)

住所:長崎県長崎市上町6-12

ホテル長崎

ホテル長崎は、全室から長崎の綺麗な夜景が見られることで有名な人気のホテルだそうです。

料金:5,300円~19,440円(税込み)

住所:長崎県長崎市立山2-16-1

まとめ

長崎くんちの2018年の日程は、毎年10月7日~9日の3日間にわたって行われるようですね。

また、長崎くんちは、福岡県の博多おくんち、佐賀県の唐津くんちとともに日本三大くんちとしても有名だそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ