長岡まつり大花火大会の2018年の有料観覧席の申込み方法を紹介!

長岡まつり大花火大会2018年有料観覧席の申込み方法を紹介しています。平和への願いがこもった「長岡まつり大花火大会」。

こちらのページでは、まず、長岡まつり大花火大会の概要について説明し、次に長岡まつり大花火大会のスケジュール等について記載し、最後に有料観覧席についてご紹介しています。

スポンサーリンク

長岡まつり大花火大会とは

長岡は昭和20年8月1日に空襲に見舞われ、多くの方が命を落としました。 その翌年の昭和21年8月1日に行われた「長岡復興祭」が前身となっています。 そんな「長岡まつり大花火大会」には

  • 空襲で命を落とされた方々への慰霊の念
  • 長岡再興に協力した方々への感謝
  • 平和への願い

が込められています。

長岡まつり大花火大会の開催スケジュール

●日程:8月2日と8月3日

●打ち上げ時間:19:20~21:15

●開催場所:長岡市長生橋下流信濃川河川敷

●打ち上げ数:2日で20,000発

●来場者数:約90万人以上

※交通:JR信越本線「長岡駅」より徒歩で20分、関越自動車道「長岡IC」より車で20分

●駐車場:有り

●問い合わせ先:0258-39-2221 長岡まつり協議会(長岡市まつり振興課内)

●有料観覧席:有り

スポンサーリンク

夜空にきらめく特大の花火

長岡まつり大花火大会の最大の見どころは、やはり正三尺玉です。 直径が90センチ、重さが300キロもある巨大な玉が、上空600メートルに打ち上げられ、直径650メートルに広がる様子は荘厳な雰囲気があります。

他にも、音楽に合わせた尺玉が連発されるなど、見どころは他にもたくさんあります。 こちらの公式ホームページでは、プログラムの詳細が掲載されています。

http://nagaokamatsuri.com/gyouji.html

色んなシチュエーションに対応した有料観覧席

長岡まつり大花火大会 2018 観覧席1

長岡まつり大花火大会の有料観覧席は抽選と販売に分かれています。 また、有料観覧席はシチュエーションに合わせて選べるよう、数種類のお席が用意されています。マス席・ベンチ席・イス席が打上げ場所に近いので、大迫力の花火を楽しめます。当然大人気なので、希望の席で見ることが出来るかは運次第になりますが…

●郵送、インターネット申込みによる抽選席  5月2日~5月13日(受付期間)

●インターネット販売  6月18日~6月20日【残席の状況による】   
定員6人 マス席(1マス 18,000円)信濃川右岸・左岸   
定員1人 ベンチ席(1席 3,000円)信濃川右岸   
定員1人 イス席(1席 3,000円)信濃川左岸   
定員4人 身体障害者席(1マス 4,000円)信濃川右岸 ※長岡

●市民限定   
定員2人 カメラマン席(1マス 5,000円)信濃川右岸・左岸

●コンビニ販売(先着)【セブンイレブン・ローソン】  5月8日~   
定員1人 陸上競技場イス席(1席 3,000円)信濃川左岸   
定員1人 フェニックス席(1席 2,000円)信濃川右岸

詳細は公式ホームページをご確認ください。

http://nagaokamatsuri.com/ticket.html

抽選から漏れてしまった方、有料観覧席を購入できなかった方も、安心してください。 無料席も用意されていますので見れなくなるというわけではありませんよ。どうしても、有料観覧席で見たい方は鑑賞ツアーに申し込むのも一つの手ですよ。

バスツアー、新幹線ツアー、宿泊付プランなどのプランが、JTB、JRびゅう、阪急交通社、クラブツーリズムなどから毎年出ていますよ。

まとめ

90万人もの方が毎年来られる花火大会。有料観覧席が抽選になるのも仕方ないですよね。 せっかくなのでツアーに参加して、有料席で大迫力の花火を楽しんじゃいましょう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ