灘のけんか祭りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

灘のけんか祭りの2018年の日程を紹介しています。

まず、灘のけんか祭りの始まりと特徴を紹介し、次に、灘のけんか祭りの主な行事とスケジュールを紹介しています。

最後に、灘のけんか祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

灘のけんか祭りは、11世紀に松原八幡神社で行われた放生会が始まりだと言われているそうです。

スポンサーリンク

灘のけんか祭りの2018年の日程は?

日程:10月14日と15日

アクセス

会場:松原八幡神社

●電車

山陽電気鉄道白浜の宮駅、徒歩5分

●車

播但連絡有料道路姫路JCT、10分

●周辺の有料駐車場の地図

灘のけんか祭りの始まりは?

灘のけんか祭りは、11世紀頃に松原八幡神社で始まったとされる「放生会」が起源だと言われているそうです。

そして、14世紀になると江戸時代に行われていた祭りの形式に変わって行き、現在の「灘のけんか祭り」の形になったのは、明治維新で発せられた「神仏分離」の影響だと考えられているそうです。

放生会(ほうじょえ)とは、殺生を戒める宗教の儀式で、捕えた動物などを野に放つこと。

灘のけんか祭りの特徴は?

灘のけんか祭りは、3基の神輿の1の丸から3の丸が神輿をぶつけ合う神事と「屋台練り」と呼ばれる豪華に飾られた屋台同士が激しく練り合う行事が行われるそうです。

また、文化的にも貴重な行事として「松原八幡神社秋季例祭風流」と称され兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されている有名なお祭りだそうです。

灘のけんか祭りの主な行事とスケジュール

  • 宵宮(10月14日)
  • 本宮(10月15日)

宵宮

・日程:10月14日
・時間:昼前~夕方

宵宮は、旧7ヶ村の屋台が東山、木場、松原、八家、妻鹿、宇佐崎、中村の順番に神社に宮入し、観客席が設置され多くの見物人が賑わう中で、「練り合わせ」が夕方まで行われる。そして、辺りが暗くなると各屋台に提灯や電飾で灯りが点けられる。

本宮

・日程:10月15日
・時間:早朝~夕方

本宮は、早朝の神社境内で露払いが行われ、神輿を担当する村の人は「潮かき」と言われる、早朝の海に入り身を清める儀式が行われれる。

そして、朝から屋台が宮入し、神社前で練り合わせが行われた後、神様が乗った3基の神輿を境内内で激しくぶつけ合う神事が行われる。

その後、御旅山山麓の広畠でも屋台の練り合わせと神輿のぶつけ合いが行われ、山頂にある松原八幡神社の御旅所に向かい、日が暮れるとともに、屋台が練り合いながら山から降りて行き、それぞれの村に帰っていく。

御旅所(おたびしょ)とは、祭礼などの行事の時に神輿を本宮から移動して安置する場所。

スポンサーリンク

灘のけんか祭り周辺のおすすめランチ

  • 倭風酔 とろろ料理
  • cono
  • 澤田店

倭風酔 とろろ料理

倭風酔 とろろ料理は、白浜の宮駅の近くに位置し、美味しいと評判の自然薯のコースが食べられる和食のお店で、とろろの他にも魚や肉もコースに入っているそうです。

住所:兵庫県 姫路市 白浜町 乙470-3

cono

conoは、白浜の宮駅の近くにある人気のパスタとハンバーグが食べられるお店で、お店の中央にキッズスペースがあり、家族連れでも気軽に入店しやすいそうです。

住所:兵庫県 姫路市 東山 165-1

澤田店

澤田店は、白浜の宮駅の近くにある、美味しいと評判のうどん店で、しょうが醤油で炊かれたおでんも人気があるそうです。

住所:兵庫県 姫路市 白浜町 甲347-14

灘のけんか祭り周辺のおすすめホテル

  • ホテルアストンプラザ姫路
  • 姫路キヤッスルグランヴィリオホテル
  • ホテルクラウンヒルズ姫路

ホテルアストンプラザ姫路

ホテルアストンプラザ姫路は、客室のネット接続が無料で利用でき、美味しい朝食も人気のビジネスホテルだそうです。

料金:2,950円~8,000円(税込み)

住所:兵庫県姫路市飾磨区中島763-1

姫路キヤッスルグランヴィリオホテル

姫路キヤッスルグランヴィリオホテルは、自慢の大浴場があるスパ施設を利用でき、本格的な日本料理が味わえ、ゆったりくつろげるホテルだそうです。

料金:3,100円~20,100円(税込み)

住所:兵庫県姫路市三左衛門堀西の町210

ホテルクラウンヒルズ姫路

ホテルクラウンヒルズ姫路は、姫路市の中心に位置しアクセスに便利で、観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:2,490円~31,680円(税込み)

住所:兵庫県姫路市東延末3-56

まとめ

灘のけんか祭りの2018年の日程は、毎年10月14日と15日の2日間に行われるようですね。

また、日本全国にたくさん現存する「けんか祭り」の中でも最大で、近年では、日本国内のみならず海外でもその名が知られるようになったそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ