森の祭りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチと宿は?

森の祭りの2018年の日程を紹介しています。

また、森の祭りの始まりと特徴を紹介し、森の祭りの二輪屋台を紹介しています。

最後に、森の祭り周辺のおすすめランチと宿を紹介しています。

森の祭りは、静岡県周智郡森町で行われる祭礼で、江戸時代の中期~後期頃に始まったと考えられているそうです。

スポンサーリンク

森の祭りの2018年の日程は?

日程:11月2日~4日(※予想、11月第一金曜~日曜日)

アクセス

会場:静岡県森町三島神社周辺

●電車

遠州鉄道遠州森駅、徒歩5分

●車

東名袋井IC、20分
掛川IC、25分

●駐車場

森町役場・森町文化会館:無料(700台)

森の祭りの始まりは?

森の祭りは、静岡県周智郡森町で行われる祭礼で、いつ頃から現在のような祭礼の形式で行われるようになったのかは、はっきりとは分かっていないそうですが、江戸時代の中期~後期頃までには、祭礼で使われる二輪屋台があったことが分かっているため、この頃に始まったと考えられているそうです。

森の祭りの特徴は?

森の祭りは、舞児(まいこ)という舞楽を奉納した子供を、神社から屋台に乗せて、地面を歩かせずに、自宅まで送り届ける舞児還し(まいこがえし)という風習があり、森の祭りの名物として有名だそうです。

また、舞児は、毎年各町から1名ずつ選ばれて、三島神社で舞楽を奉納し、舞児に選ばれた家はお祝いムードに包まれるそうです。

森の祭りの二輪屋台とは?

森の祭りの屋台には、森町一帯独特の御所車型と言われる漆塗りの二輪屋台が多く、屋上には山車人形が飾られているのが特徴だそうです。

また、祭囃子は、遠州横須賀の三社祭礼囃子を元にして、独自に発展した囃子などが使われ、森の祭りの最大の見せ場である、各町の屋台同士が正面を向き合い、「ヨイソラ」という掛け声を上げながら、接触寸前まで近づける「練り」が行われるそうです。

スポンサーリンク

森の祭り周辺のおすすめランチ

  • 仙の坊
  • 金与食堂
  • 海鮮亭 いっき

仙の坊

仙の坊は、新東名の遠州森町PAの上りにあるファーストフード店で、2大看板メニューの自然薯とろろ汁と地元で栽培した蕎麦粉で作られた遠州蕎麦が食べられるそうです。

住所:静岡県 周智郡森町 草ケ谷 749-1

金与食堂

金与食堂は、遠州森駅くに位置する価格がリーズナブルな中華店で、人気メニューの麻婆飯定食は、味もボリュームも最高で、お腹いっぱい食べられるそうです。

住所:静岡県 周智郡森町 森 1705-4

海鮮亭 いっき

海鮮亭 いっきは、森町にある魚屋さんと併設している美味しい魚介が味わえる海鮮料理店で、人気メニューの三色丼は、まぐろの腹身がまるで大トロのように口の中でとろけて絶品の味わいだそうです。

住所:静岡県 周智郡森町 飯田 3185-8

森の祭り周辺のおすすめ宿

  • 滝本館
  • 翠月
  • 真砂館

滝本館

滝本館は、東名掛川ICから車で15分の所に位置する、周りが茶畑に囲まれた宿で、川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きならが入る温泉は、ゆっくりとくつろぐには最高の環境だそうです。

料金:6,480円~12,960円(税込)

住所: 静岡県掛川市上西郷5174-1

翠月

翠月は、東海道線掛川駅から車で15分所に位置する、平屋建てのゆっくりくつろげる温泉旅館で、観光やレジャーに最適だそうです。

料金:7,600円~14,000円(税込)

住所:静岡県掛川市倉真5325

真砂館

真砂館は、東名掛川ICから25分の所に位置する、静かな山里にある隠れ宿で、3種の無料の貸切風呂を利用でき、お風呂のお湯には、良質な天然硫黄水100%が使用されているそうです。

料金:8,500円~36,180円(税込)

住所:静岡県掛川市倉真5421

まとめ

森の祭りの2018年の日程は、11月3日~5日の3日間で、毎年11月第一金曜日から日曜日まで行われるようですね。また、森の祭りは、通称「喧嘩祭り」としても有名で、遠州地方のお祭りの中でも、最も激しいことで、知られているそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ