松原神社例大祭の2018年の日程は?神輿の小田原担ぎの特徴とは?

松原神社例大祭の2018年の日程を紹介しています。

まず、松原神社例大祭始まりと特徴を紹介しています。

最後に、松原神社例大祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

松原神社例大祭は、奈川県小田原市の松原神社の例大祭で、毎年5月のゴールデンウィークの期間中に行われ、江戸時代の天保年間頃から始まったお祭りだそうです。

スポンサーリンク

松原神社例大祭の2018年の日程

日程:5月3日~5日

アクセス

会場:松原神社

●電車

JR東日本小田原駅、10分

●車

西湘バイパス小田原IC、5分

●周辺の有料駐車場の地図

松原神社例大祭の始まりは?

松原神社例大祭は、奈川県小田原市の松原神社の例大祭で、毎年5月のゴールデンウィークの期間中に行われ、江戸時代の天保年間頃から始まったとされる、地元の漁師を中心に行われていたお祭りだそうです。

松原神社例大祭の特徴は?

松原神社例大祭は、小田原担ぎと呼ばれる、小田原でしか見られない独特の神輿の担ぎ方が特徴的で、漁師の漁場での作業の様子を陸地で再現しているそうです。

そして、例大祭のスケジュールは、祭り1日目の5月3日の夕方から、各町の神輿に神様を入れる、「御魂入れ」の儀式が行われ、祭り2日目の5月4日から、各町の山車が出されて、「宮出し」と呼ばれる神輿渡御や神輿が浜に降りて、波打ち際に一斉に並び、順番に海に突っ駆ける、「浜降り」と呼ばれる儀式が行われるそうです。

突っ駆けとは、神輿を担いだまま走ること

そして、祭り最終日の5月5日の、19時頃から、祭り最大の見どころの「宮入り」が行われ、各町内の30基ほどの神輿が松原神社の周辺に集結し、参道で突っ駆けを繰り返した後、最後に本神神輿が宮入りするそうですが、この突っ駆けは約3時間も行われ、大変な迫力があるそうです。

スポンサーリンク

松原神社例大祭周辺のおすすめランチ

  • サカナキュイジーヌ・リョウ
  • 天史朗寿司
  • 氷花餃子 本店

サカナキュイジーヌ・リョウ

サカナキュイジーヌ・リョウは、小田原駅から歩いて4分の所にある魚料理屋さんで、地元の小田原の新鮮な魚介が味わえ、人気メニューの「まかない丼」は絶品だそうです。

住所: 栄町 | 神奈川県 小田原市 栄町 1-14-57 ジャルダンビル 1F・2F・3F

天史朗寿司

天史朗寿司は、小田原駅から歩いて3分の所にある人気の寿司店で、日替わりメニューの「おすすめの地魚握り」は、ネタが新鮮で、焼き物も美味しいそうです。

住所:神奈川県小田原市城山1-6-80

小田原駅 徒歩4分

氷花餃子 本店

氷花餃子 本店は、小田原駅から歩いて4分の所にある餃子専門店で、看板メニューの「氷花餃子」は、美しい羽が芸術品のように見ごとで、パリッとした食感と肉汁のジューシーさのバランスが絶妙だそうです。

住所:神奈川県 小田原市 栄町 2-8-10 ハクエイビル 2F

松原神社例大祭周辺のおすすめホテル

  • ホテル ポシュ
  • 田毎旅館
  • ホテルクニミ小田原

ホテル ポシュ

ホテル ポシュは、小田原駅東口から歩いて1分の所に位置し、伊豆、箱根など観光地へのアクセスも便利なため、レジャーやビジネスの拠点として、最適なホテルだそうです。

料金:5,500円~11,000円(税込)

住所:神奈川県小田原市栄町2-7-7

田毎旅館

田毎旅館は、小田原から歩いて5分の所に位置し、歩いて1分のコンビニを利用できる、値段もリーズナブルなくつろげる旅館だそうです。

料金:4,000円~4,320円(税込)

住所:神奈川県小田原市栄町2-6-14

ホテルクニミ小田原

ホテルクニミ小田原は、小田原駅から歩いて5分の所に位置し、朝食無料サービスがあり、観光やビジネスの拠点として、最適なホテルだそうです。

料金:5,250円~8,100円(税込)

住所:神奈川県小田原市栄町1-10-11

まとめ

松原神社例大祭の2018年の日程は、毎年5月3日~5日のゴールデンウィークの期間中に行われるようですね。また、小田原担ぎの神輿の掛け声は、一般的な「ワッショイ、ワッショイ」ではなく、漁で網を引き揚げる際の「オイサー、オリャサー」の掛け合いになっているそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ