鞍馬の火祭の2018年の日程は?主な行事のスケジュールと内容は?

鞍馬の火祭の2018年の日程を紹介しています。

まず、鞍馬の火祭の始まりと特徴を紹介し、次に、鞍馬の火祭の主な行事のスケジュールと内容を紹介しています。

最後に、鞍馬の火祭周辺のおすすめランチとお宿を紹介しています。

鞍馬の火祭は、平安時代の中頃に頻繁に起こっていた大地震や争いごとを鎮めるために行われていた祭事だそうです。

スポンサーリンク

鞍馬の火祭の2018年の日程は?

日程:10月22日

アクセス

会場:由岐神社

●電車

鞍馬駅、徒歩10分

●車

名神高速道路京都東IC、60分

●周辺の駐車場の地図

鞍馬の火祭の始まりは?

鞍馬の火祭は、940年の平安時代の中頃に、この時代に頻繁に起こっていた大地震や争いごとを鎮めるために、当時の朱雀天皇の提案により由岐明神が鞍馬の地に遷されたことが始まりだと言われているそうです。

そして、この時の約1kmにも及んだ神社の移転の行列の様子を当時の鞍馬の住民がお祭りとして残したものが現在の鞍馬の火祭だそうです。

鞍馬の火祭の特徴は?

鞍馬の火祭は、「時代祭」と同じ日の10月22日に行われる、京都三大奇祭の1つとして、「今宮やすらい祭」、「太秦の牛祭」とともに有名なお祭りだそうです。

そして、氏子が集落の各所に焚かれたかがり火の中を神社山門を目指して練り歩く行事が行われるそうです。

鞍馬の火祭の主な行事のスケジュールと内容

・時間:午後6時頃

神事の合図とともに、集落各所の松明に火が点火され、その後、子供や大人が大小の松明を持って集落を練り歩き、御旅所の「仲間」へ向かう。

・時間:午後8時頃

各「仲間」から鞍馬寺山門前を目指して大松明が出され、その後、各松明は山門前の石段の下に焼き捨てらる。

そして、神社から八所大明神、由岐大明神の神輿が参道の急な道をあまりスピードが出ないように気を付けながら降ろされれる。

神輿が出される時に引かれる綱は、安座になると言われていて、若い女性が多く参加する。

神輿が降ろされる際に、鞍馬の男性の一生に一度となる成人の儀式の「チョッペン」が行われる。

チョッペンとは、神輿の担ぎ棒にふんどし姿の男性がぶら下がり元服を行うこと。

・時間:午前0時頃

集落内を神輿が練り歩いた後、御旅所に安置される。そして、神楽の奉納が行われ、神社の境内を神楽松明がまわる。

・時間:午前2時頃

還幸祭」が行われ、神輿が神社に戻され祭事の全てが終了する。

スポンサーリンク

鞍馬の火祭周辺のおすすめランチ

  • 貴船 喜らく
  • 京貴船 でんべえ
  • 貴船べにや

貴船 喜らく

貴船 喜らくは、京都の夏の風物詩の川床料理が食べられる懐石料理のお店で、四季折々の山の幸と海の幸を堪能できるそうです。

住所:京都府 京都市左京区 鞍馬貴船町 47

京貴船 でんべえ

京貴船 でんべえは、美味しいと評判の釜飯を食べられるお店で、目の前を流れる川のせせらぎを聞きながら食べるお料理の味は格別だそうです。

住所:京都府 京都市左京区 鞍馬貴船町 39

貴船べにや

貴船べにやは、新鮮で美味しい川魚が食べられる川床料理のお店で、人気メニューの鮎の煎餅など川魚の美味しい料理を堪能できるそうです。

住所:京都府 京都市左京区 鞍馬貴船町 17-2

鞍馬の火祭周辺のおすすめお宿

  • 貴船ふじや
  • 京・貴船・ひろや
  • 料理旅館 ひろ文

貴船ふじや

貴船ふじやは、新鮮な美味しい川魚を食べられるお宿で、幻想的な景色も魅力だそうです。

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町40

京・貴船・ひろや

京・貴船・ひろやは、四季折々の美味しいお料理が食べられる自慢の料理が評判のお宿で、特に京会席は絶品の味だそうです。

料金:33,000円~38,500円(税込み)

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町56

料理旅館 ひろ文

料理旅館 ひろ文は、心願成就・縁結・家内安全・商売繁盛などのご利益で有名な貴船神社結社の直ぐ横に位置するお宿で、美味しい川床料理も堪能できるそうです。

料金:17,000円~24,000円(税込み)

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町87

まとめ

鞍馬の火祭の2018年の日程は、毎年時代祭と同日の10月22日に行われるようですね。

また、神輿には安産のご利益や、元服の儀式と言った特別な意味がある大変貴重なお祭りのようですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ