北野天満宮の梅花祭の2019年の日程は?周辺のおすすめランチは?

北野天満宮の梅花祭の2019年の日程を紹介しています。

また、菅原道真公と梅花祭の関係についても紹介し、北野天満宮の梅苑の期間を紹介しています。

最後に、北野天満宮周辺のおすすめのランチを紹介しています。

菅原道真公は梅の花をとても大切にしていたとされ、そのことが由来となって、命日に梅花祭が行われるようになったそうです。

スポンサーリンク

北野天満宮の梅花祭の2019年の日程は?

日程:2月25日(月)

アクセス

所在地:京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

●バス

京都駅から北野天満宮前下車すぐ

●車

名神高速道路南インター又は東インターより約30分

●駐車場

駐車は参拝時間内に限る。(参拝専用)
開場時間 9時~17時

●第2駐車場(40台)

●周辺の有料駐車場の地図

菅原道真公と梅花祭の関係は?

菅原道真公は、梅の花をとても大切にしていたとされ、庭の梅に和歌を詠むほどだったそうです、

また、道真公が福岡の大宰府に左遷された際に、梅の木が道真公を慕って一晩の内に大宰府に飛来したと言われる「飛梅伝説」があり、梅の花が神紋とされ、約2万坪の敷地には50種類1500本の梅が植えられているそうです。

そして、こういった菅原道真公と梅との関係から、命日である2月25日に行なわれる梅花祭では梅の花がお供えされるようになったそうです。

神紋とは神社で使用される固有の紋で、公家と武家の家紋に用いられ、それぞれ由緒のある独自の図案などが多い。

 

北野天満宮の梅苑の期間は?

梅苑の開苑期間は毎年1月下旬から3月下旬にかけて行われ、白梅、紅梅、一重、八重と、様々に咲く梅の間に散策路が延びていて、抹茶とお菓子を振る舞う茶屋も営まれるそうです。

また、2月25日になると梅花祭梅花祭野点大茶湯も開催され、毎年多くの梅見客が訪れて賑わいを見せるそうです。

●公開時間:10時~16時まで

●入場料(茶菓子付き)
・大人 700円 (中学生以上)こども 350円
・30名以上1割引 (但し25日・土・日曜・祝日を除く)
・身体障害者割引 大人350円・こども175円

スポンサーリンク

北野天満宮周辺のおすすめランチ

  • 紫蔵
  • マギーズ
  • ノットカフェ

紫蔵

紫蔵は、京都市北区平野宮北町にある人気の家系ラーメン店で、少し塩気がある縮れ麺と豚骨醤油とのスープのバランスが絶妙で、厚みがあるトロトロのチャーシューも絶品だそうです。

住所:京都府 京都市北区 平野宮北町 14番地

マギーズ

マギーズは、京都市上京区松屋町にある人気のカレー店で、人気メニューの「キーマカレー」は、スパイシーで程よい辛さが美味しく、種類豊富なお酒との相性も抜群だそうです。

住所:京都府 京都市上京区 松屋町 373

ノットカフェ

ノットカフェは、京都市上京区東今小路町にある人気の喫茶店で、ハンバーガーのバンズを使用した「だしまきサンド」は、見た目も味も最高で、こだわりのコーヒーやホットチョコレートも楽しめるそうです。

住所:京都府 京都市上京区 東今小路町 758番地1

まとめ

北野天満宮の梅花祭の2019年の日程は、毎年2月25日に行われるようですね。また、この日は梅花祭の由来にもなっている菅原道真公の命日のため、梅の花がお供えされるようですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ