神田祭の2019年の日程は?各行事の内容とスケジュールは?

神田祭の2019年の日程を紹介しています。

また、各行事のスケジュールも紹介し、神田祭は日本の三大祭りの中の1つであることや、代表的な行事の神幸祭、御輿宮入、太鼓フェスティバルの3つの内容を紹介しています。

神田祭は、西暦の奇数年だけに行われるお祭りのようなので、2019年は見逃さないようにしたいですね。

スポンサーリンク

神田祭の2019年の日程は?

日程:5月11日~5月17日(※2017年の日程)

以下のスケジュールで各行事が催されるそうです。

  • 5月11日午後19時:鳳輦神輿遷座祭
  • 5月12日夕刻:氏子町会神輿神霊入れ
  • 5月13日終日:神幸祭
  • 5月14日終日:神輿宮入
  • 5月15日午後 18時:明神能
  • 5月16日午前10時:献茶祭
  • 5月17日午後14時:例大祭

アクセス

所在地東京都千代田区外神田2-16-2

●駐車場

参拝者駐車場:若干数

●周辺の有料駐車場の地図

●電車

JR・地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩5分

地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩5分

地下鉄銀座線「末広町」駅より徒歩5分

JR・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7

神田祭は日本の三大祭りの中の1つ

神田祭とは、東京の神田明神で開催される祭礼で、毎年行われるわけではなく、西暦の奇数年だけ行われるそうです。また、京都の祇園祭、大阪の天神祭と並んで日本国内の三大祭りの中の1つに数えられている有名なお祭りだそうです。

スポンサーリンク

神幸祭とは?

神幸祭は、朝の午前8時に神社をスタートし、だいこく様、えびす様、平将門の神輿(みこし)が平安装束を身にまとった人たちに付き添われて行進し、巫女と乙女役の若い女性の人4名によって花が添えられるそうです。

そして、午後13時頃に東日本橋駅付近の両国旧御仮屋で一休みして神事が行われるそうです。それから、午後16時頃に三越本店に到着した後、この地点で御輿、山車、武者行列などが追加されて、午後19時頃に神社に帰るということです。

御輿宮入とは?

御輿宮入は、神幸祭の次の日に開催される各町内による行事のことで、御輿連合と呼ばれる町内ごとの町神輿を設立し、各町を巡回した後、神社に練り込むそうです。

また、御輿の担ぎ手の特徴は、はふんどしを粋に締めている人が多く見られて江戸っ子らしさがカッコイイそうです。

太鼓フェスティバルとは?

太鼓フェスティバルは、神幸祭と御輿宮入の当日に特設ステージが設置してある宮本公園で開催されるイベントだそうです。

また、関東のみならず、各地の和太鼓集団が数多く出演し、それぞれ午前9時から午後19時頃までパフォーマンスが繰り広げられるそうです。

同時に各郷土の名物の物産販売も行われるそうです。

例大祭とは?

例大祭は、お祭り最終日の午後14時から行われる神田明神でとても大事な神事だそうです。また、浦安の舞が正装で、神社の巫女により舞われるそうです。

浦安の舞は明治以降の近代に作られた巫女により舞われる神楽で、これにより女性による神社への奉仕が可能になった。

※各行事やイベントの内容と日時は、変更される場合がありますので、こちらの公式サイトからご確認下さい。

まとめ

神田祭の2019年の日程は、5月11日~17日(※2017年の日程)までのようですね。また、西暦の奇数年にしか行われない有名な日本の三大祭の1つなので、この時期に東京に来られる方は是非見ておきたいですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ