石取祭の2018年の日程は?石取祭周辺のおすすめランチとホテルは?

石取祭の2018年の日程を紹介しています。

まず、石取祭の始まりと特徴を紹介し、次に、石取祭の祭車について紹介しています。

最後に、石取祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

石取祭は、江戸時代の初めに町屋川の石を神社に奉納したことが始まりと言われていて、日本一やかましい祭りだとも言われているそうです。

スポンサーリンク

石取祭の2018年の日程は?

日程:8月4日と5日(※予想、8月第一週の日曜日と前日の土曜日)

アクセス

会場:春日神社周辺

●電車

最寄り駅:桑名駅

●車

伊勢湾岸自動車道湾岸桑名IC、15分

●桑名駅周辺の有料駐車場の地図

石取祭の始まりは?

石取祭は、江戸時代の初めに町屋川の石を神社に奉納したことが始まりだと言われているそうです。

そして、2007年に「桑名石取祭の祭車行事」として、重要無形民俗文化財に指定され、2016年に「山・鉾・屋台行事」の1つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録された伝統のあるお祭りだそうです。

石取祭の特徴は?

石取祭は、日本一やかましい祭りと言われ、土曜日の深夜0時から日曜日の真夜中まで、30台以上の各町内の祭車が、春日神社から鉦や太鼓を打ち鳴らしながら練り歩くそうです。

また、土曜日の夜を「試楽」日曜日の夜を「本楽」と言い、ルールも厳しく喧嘩や春日神社前の祭車のスタートをフライングすると、来年のお祭りには参加禁止となり出られなくなるそうです。

石取祭の祭車とは?

石取祭の祭車は、桑名だけに見られる独創的な3輪の御所車で、台の中心の柱には、12張の提灯が吊り下げられているそうです。

また、その先には神祭用の道具の1つの御幣(ごへい)が立てられ、祭車の先には長い綱が結んであり、大勢の人に引っ張られて進むそうです。

そして、車輪の両側に吊るされた鉦と祭車の後ろ側に設置された大太鼓を打ち鳴らしながら練り歩くそうです。

スポンサーリンク

石取祭周辺のおすすめランチ

  • 麺屋はなび 桑名店
  • すし道場 桑名本店
  • 新味覚桑名店

麺屋はなび 桑名店

麺屋はなび 桑名店は、人気メニューの「元祖台湾まぜそば」が食べられる地元で有名な行列の絶えないラーメン店だそうです。

住所:三重県 桑名市 大福 355

すし道場 桑名本店

すし道場 桑名本店は、新鮮なネタの本格的な寿司が食べられる地元でも大人気の回転寿司屋さんだそうす。ネタが大きいのが特徴で、職人に注文して食べる形式のため、回転寿司屋とは思えないほど美味しいそうです。

住所: 三重県桑名市江場506-1

新味覚桑名店

新味覚桑名店は、桑名駅から歩いて2分の所にあり、地元で大人気のシンプルな焼き餃子が食べられる老舗の餃子店だそうです。メニューは、焼き餃子とお酒やジュースのドリンクのみで、ふらっと気軽に立ち寄れるそうです。

住所:三重県桑名市桑栄町2 桑栄メイト 2F

石取祭周辺のおすすめホテル

  • 桑名シティホテル
  • くわなパークホテル
  • セントラルホテル

桑名シティホテル

桑名シティホテルは、厳選した素材で作られた朝食が人気のホテルで無料駐車場もあるそうです。

料金:4,350円~17,700円(税込み)

住所:三重県桑名市中央町3-23

くわなパークホテル

くわなパークホテルは、桑名駅から歩いて4分の所に位置し、繁華街に近いため、観光やビジネスの拠点に最適なホテルだそうです。

料金:3,100円~7,500円(税込み)

住所: 三重県桑名市寿町2-30-1

セントラルホテル

セントラルホテルは、人気の和洋バイキングが無料で食べられ、インターネット回線も光LANで接続できるそうです。

料金:3,900円~7,100円(税込み)

住所:三重県桑名市中央町2-35

まとめ

石取祭の2018年の日程は、8月4日と5日の2日間で、毎年8月第一週の日曜日と前日の土曜日に行われるそうです。

また、祭車には100数十年前の著名な彫刻師の彫刻が施されたものなどがあり、歴史的価値も高く芸術的にも大変貴重だそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ