猪名川花火大会の2019年の日程は?屋台が出る場所と観覧スポットは?

猪名川花火大会の2019年の日程、会場へのアクセスを紹介しています。

また、猪名川花火大会の始まりと特徴を紹介し、屋台が出店される場所、花火を快適に鑑賞出来る場所について紹介しています。

猪名川花火大会は、大阪の池田市と、兵庫県の川西市の間を流れる猪名川で開催される花火大会で、大変長い歴史があるそうです。

スポンサーリンク

猪名川花火大会の2019年の日程は?

日程:8月17日(※予想、8月第三土曜日)
(小雨決行で、荒天時は翌日に延期)

●開催時間:19:20~20:20 

●打ち上げ数:約4,000発

●来場者数:約10万人

アクセス

会場:兵庫県川西市小花2丁目付近 猪名川河川敷

●電車

(最寄り駅)

川西能勢口駅

川西池田駅

池田駅

※当日は、会場周辺の道路が大変混雑するため、公共交通機関のご利用を推奨。

※会場周辺での路上駐車や迷惑駐車はお止めください。

●周辺の駐車場の地図

※交通規制情報は、こちらの川西市の公式サイトから確認できます。

猪名川花火大会の始まりと特徴は?

猪名川花火大会は、大阪北部にある池田市と、兵庫県南東部にある川西市の間を流れる猪名川で開催される花火大会で、昭和23年から開催されており、大変長い歴史があります。

特徴は、大阪府池田市と兵庫県川西市の共催という、県境をまたいだ友好の証ともなる花火大会だということです。また、来場者数がなにわ淀川花火大会などのような、非常に人気のある花火大会に比べると、来場者数が少ないので、ゆっくりとお祭りの雰囲気と花火の両方を堪能できますよ。

屋台が出る場所は?

夏のお祭りには屋台は絶対ですよね。猪名川花火大会でも300店以上の屋台が出店されます。15時頃には、屋台が出店されていますよ。 屋台が出店される場所もお伝えします。

まず、花火大会の会場は最寄り駅に近い北部の第一会場と、最寄り駅から少し離れた南部にある第二会場に分かれています。 第一会場は屋台が多く出店されていますが、第二会場にはほとんど出店されないと思ってください。

スポンサーリンク

花火を快適に鑑賞出来る場所は?

猪名川花火大会は、穴場スポットでなくても、花火大会会場ともなっている猪名川河川敷で快適に花火を鑑賞することが出来ます。ただし、屋台が出店されている第一会場は池田側・川西側共に混雑しています。

ですが、第二会場は池田側・川西側共に比較的余裕がありますので、混雑した中で花火を見るのはイヤという方には、第二会場がオススメです。 事前の場所取りは禁止されており、シートだけ置いておくとはがされてしまうかもしれないので注意してください。

場所を確保する時間ですが、第一会場を狙うなら17時頃、第二会場を目指すなら18時30分でも十分場所の確保は可能のようですよ。 花火を鑑賞できる場所として、花火大会会場をお勧めしましたが、穴場もきちんとありますので、紹介しますね。

伊丹スカイパーク

少し離れますが、夜空に打ちあがる花火だけではなく、夜空に浮かぶ飛行機も見れます。 お子さんが飛行機好きのご家庭は是非ここに!ただし、時々飛行機の轟音が響きますので、そこはご注意を。

伊丹イオンの4階駐車場

こちらも少し遠いですが、ショッピングモールの中なので、トイレ、ご飯の心配はありません。 快適な環境の中で花火大会の雰囲気を味わいたい方はこちらへ。ここは結構人気のようです。

すみれが丘

最近話題なのが、すみれが丘郵便局とすみれが丘小学校の間にある長い階段。見通しが良く、花火を綺麗に見ることが出来ます。伊丹スカイパーク・伊丹イオンよりさらに花火大会会場との距離が離れているので、迫力や臨場感に重きを置いていない方向けです。

まとめ

猪名川花火大会は、他の人気の花火大会ほど混雑しないので、公共交通機関を利用して、17時頃に到着する予定でいかれるのがいいと思います。

到着後は屋台を回り、夏祭りの雰囲気を楽しんで、花火打ち上げ場所に近い第二会場で迫力の花火を鑑賞するのをおススメします。

スポンサーリンク


このページの先頭へ