法隆寺お会式の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

法隆寺お会式の2018年の日程を紹介しています。

また、法隆寺お会式の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、法隆寺お会式周辺のおすすめランチと宿を紹介しています。

法隆寺お会式は、聖徳太子の命日に法隆寺で行われる法要で、約300名の僧徒が参列し、法隆寺東院の夢殿が作られたとされる748年頃に始まったと考えられているそうです。

スポンサーリンク

法隆寺お会式の2018年の日程

日程:3月22日~24日

アクセス

会場:法隆寺 聖霊院

●電車

JR法隆寺駅、法隆寺行バス法隆寺門前下車すぐ

近鉄筒井駅、王寺行バス法隆寺前下車、5分

●車

西名阪自動車道法隆寺IC、6分

●駐車場

法隆寺観光自動車駐車場

時間:8時30分~18時

料金:普通車500円、大型バス2,800円(120台)

●周辺の有料駐車場の地図

法隆寺お会式の始まりは?

法隆寺お会式は、聖徳太子の命日に法隆寺で行われる法要で、約300名の僧徒が参列し、法隆寺東院の夢殿(ゆめどの)が作られたとされる748年頃に始まったと考えられているそうです。

また、1121年に太子像が東堂南端に安置されてからは、聖霊院で法要が行われるようになり、毎年行われる法要を「小会式」、10年に一度大講堂で行われる法要を「大会式」と言うそうです。

法隆寺お会式の特徴は?

法隆寺お会式では、堂内の荘厳な装飾が、まるで極楽世界を表すかのように表現され、聖徳太子の御前に様々なお供え物が用意されるそうです。

また、このお供え物は、法隆寺で働く僧や奉仕者らによって、すべて手作りで作られ、約1ヶ月前から準備される他、10年に一度行われる「大会式」は、「聖霊会」とも呼ばれ、楽人が雅楽に合わせて舞う舞楽が奉納されるそうです。

そして、お会式は古都奈良に春を告げる恒例の行事としても知られ、参道には露店が立ち並び、多くの参拝者が訪れて賑わいを見せるそうです。

スポンサーリンク

法隆寺お会式周辺のおすすめランチ

  • 平宗 法隆寺店
  • 若竹レストラン
  • うなぎの川はら

平宗 法隆寺店

平宗 法隆寺店は、美味しいカフェ店で、法隆寺名物の柿の葉寿司や柿氷が食べられて、綺麗な店内はいつも観光客で溢れる程の人気で、美味しい食事やスイーツを味わえるそうです。

住所:奈良県 生駒郡斑鳩町 法隆寺 1-8番40

若竹レストラン

若竹レストランは、法隆寺の近くにある美味しいと評判の洋食屋さんで、人気メニューの「ミンチカツ定食」は、ボリューム満点で、他にも定番メニューのエビフライやオムライスもかなりのボリュームで食べごたえがあるそうです。

住所:奈良県 生駒郡斑鳩町 興留 7-3-38

うなぎの川はら

うなぎの川はらは、大和小泉駅の近くにある美味しいうなぎ屋さんで、関西風の腹開きのうなぎは、炭火直火焼きで焼かれた皮が香ばしく、身もホクホクして絶品の味わいだそうです。

住所:奈良県 大和郡山市 小泉町 2506-3

法隆寺お会式周辺のおすすめ宿

  • 古き都の小さなお宿「卯川家」
  • いかるがホテル

古き都の小さなお宿「卯川家」

古き都の小さなお宿「卯川家」は、JR大和路線法隆寺駅から歩いて15分の所に位置し、美味しい日本料理が味わえる純和風旅館で、広めの大浴場があり、奈良の観光スポットへのアクセスも便利だそうです。

料金:5,940円~12,960円(税込)

住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西3-3-11

いかるがホテル

いかるがホテルは、JR大和路線大和小泉駅から歩いて10分の所に位置し、値段もリーズナブルで、法隆寺も近くにあるため、観光やビジネスに便利だそうです。

料金:3,200円~5,400円

住所:奈良県大和郡山市小泉町730

まとめ

法隆寺お会式の2018年の日程は、毎年3月22日~24日の3日間に渡って行われるようですね。また、お会式の期間中には、参道に露店が立ち並び、毎年多くの参拝者が訪れ賑わうようですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ