日田祇園祭りの2018の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

日田祇園祭りの2018の日程を紹介しています。

また、日田祇園祭りの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、日田祇園祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

日田祇園祭は、大分県日田市で行われるお祭りで、日隈城内にあった八坂神社を現在の、隈、寺町付近に移した後に、厄除けの神事を行ったことが始まりだそうです。

スポンサーリンク

日田祇園祭りの2018の日程

日程:7月21日と22日(※7月20日過ぎの土日)

アクセス

会場:大分県日田市豆田地区、隈、竹田地区

●電車

JR日田駅、15分

●車

大分道日田IC、10分

●駐車場

※無料駐車場案内図は、こちらの日田市の公式サイトから確認できます。

日田祇園祭りの始まりは?

日田祇園祭は、大分県日田市で毎年7月に行われるお祭りで、約400年前に日隈城内にあった八坂神社を現在の、隈、寺町付近に移した後に、厄除けの神事を行ったことが始まりと言われているそうです。

日田祇園祭りの特徴は?

日田祇園祭は、祭りの1週間前の土日に、「神輿洗い神事」が行われ、三隈川で深夜に神輿が洗い清められ、人形師の支持により、山鉾に人形が乗せられるそうです。

また、祭りの2日前には、「流れ曳き」が行われ、山鉾の試運転が行われ、JR日田駅前に市内各地の山鉾が全て集まり、「集団顔見世」が行われるそうです。

そして、祭り当日の午前9時頃から、各地域の神社で「祇園祭典」が行われ、祭りの翌日には、「藪入り」が行われ、祭りの打ち上げと慰労が行われるそうです。

スポンサーリンク

日田祇園祭り周辺のおすすめランチ

  • 三久
  • レストラン ダイヤル
  • 衆食堂 味の柳原

三久

三久は、日田駅から歩いて9分の所にある美味しいラーメン店で、名物「日田焼きそば」が食べられ、そばのカリカリとした食感ともやし、ネギ、豚肉のシンプルな具材が絶妙のバランスだそうです。

住所:大分県 日田市 亀山町 1-1

レストラン ダイヤル

レストラン ダイヤルは、日田駅から歩いて9分の所にある老舗のレストランで、太麺のスパゲティーとミートソースの相性が最高で、鹿児島の黒牛を使ったハンバーグも美味しいそうです。

住所:大分県 日田市 三本松 1-8-34

衆食堂 味の柳原

大衆食堂 味の柳原は、日田駅から歩いて9分の所にある人気の大衆食堂で、大分県産のもち豚を使った「ひたもち豚丼」は、甘辛の出汁と、モチモチの食感が最高で、ボリューム満点だそうです。

住所:大分県 日田市 三本松 1-12-14

日田祇園祭り周辺のおすすめホテル

  • プラザホテル フジノイ
  • ホテルソシア
  • 小京都の湯みくまホテル

プラザホテル フジノイ

プラザホテル フジノイは、JR日田駅から歩いて1分の所に位置し、朝食無料サービス、全室無料インターネット回線、Wi-Fi完備で、日田市の観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:3,550円~8,200円(税込)

住所:大分県日田市元町19-27

ホテルソシア

ホテルソシアは、JR日田駅から歩いて3分の所に位置し、最上階の市内を一望できる展望大浴場や女性が安心に利用できるレディースフロアーもあるホテルだそうです。

料金:4,800円~17,625円(税込)

住所:大分県日田市元町17-3

小京都の湯みくまホテル

小京都の湯みくまホテルは、JR日田駅からタクシーで5分の所に位置し、地上50メートルにある総檜露天風呂からの眺めは最高で、宿泊女性には、色ゆかたを無料で貸し出しているそうです。

料金:6,720~27,000円

住所:大分県日田市隈1-3-19

まとめ

日田祇園祭りの2018の日程は、7月21日と22日の2日間で、毎年7月20日過ぎの土日に行われるようですね。また、日田祇園祭は、2016年に「日田祇園の曳山行事」としてユネスコ無形文化遺産に選定された、文化的にも大変貴重なお祭りだそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ