花巻まつりの2018年の日程は?花巻囃子と鹿踊とは?

花巻まつりの2018年の日程を紹介しています。

まず、花巻まつりの始まりを紹介し、次に、花巻まつりの特徴の特徴を紹介しています。

最後に、花巻まつり周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

花巻まつりは、花巻城の城主で花巻の城下町の基礎を築いた北松斎を敬うために山車を引き町中を練り歩いたことが始まりだそうです。

花巻まつりの2018年の日程は?

日程:9月7日~9日(※予想、9月第二土曜日の前日から3日間)

アクセス

会場:花巻市内

●電車

JR花巻駅

●車

東北自動車道花巻南IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

花巻まつりの始まりは?

花巻まつりは、400年以上の歴史があり、1593年に花巻を開町した北松斎を敬うために、領民たちが山車を作って町中を練り歩いたという説や、松斎が戦の出陣の際に、観音様に戦勝祈願を行った「観音祭り」が始まりだとも言われているそうです。

北松斎(きた しょうさい)とは、76歳で花巻城主になった青森県生まれの人物で、農業、商業、軍事を発展させ、花巻が城下町になる基礎を作り、領民からの厚い信頼を受けていた。

花巻まつりの特徴は?

花巻まつりは、風流山車と呼ばれる十数団体の優雅で見事な山車が「花巻囃子」に合わせて引かれ、岩手県の郷土芸能の太鼓踊りの「鹿踊」が20団体、約200人により踊られる様子は見事で圧倒される雰囲気だそうです。

花巻囃子とは、花巻祭で風流山車が引かれる際に、三味線や笛、大太鼓・小太鼓とともに演奏される。

鹿踊(ししおどり)とは、岩手県南地方の有名な郷土芸能で、悪霊を追い払い村の平安を祈願するために踊られたとされている。

花巻まつり周辺のおすすめランチ

  • マルカンビル 大食堂
  • 石窯パン工房 ミッシェル
  • 花巻らーめん バガボンド

マルカンビル 大食堂

マルカンビル 大食堂は、花巻市のマルカンデパート内にある昔懐かしい雰囲気の食堂で、メニューも豊富にあり、名物の高さ25cmもある巨大なソフトクリームが食べられるそうです。

住所:岩手県 花巻市 上町 6-2 マルカンビル

石窯パン工房 ミッシェル

石窯パン工房 ミッシェルは、地元で人気のレンガ造りの外見がオシャレなパン屋さんで、ご当地グルメで大人気の「花巻バーガー」食べられるそうです。

住所: 岩手県花巻市藤沢町357

花巻らーめん バガボンド

花巻らーめん バガボンドは、人気メニューの特製味噌で炙られたホルモンがたっぷり入ったラーメンが食べられるラーメン屋さんで、特に濃い味と辛さ好きな人におすすめだそうです。

住所:岩手県 花巻市 西大通り り1-14-12

花巻まつり周辺のおすすめホテル

  • 巻温泉 ホテル紅葉館
  • 花巻温泉 佳松園
  • 花巻温泉 ホテル花巻

巻温泉 ホテル紅葉館

巻温泉 ホテル紅葉館は、自慢のひのき露天風呂に入れて、人気の「和洋中旬彩バイキング」が食べられ、禁煙洋室フロアもあるそうです。

料金:4,750円~36,720円(税込み)

住所:岩手県花巻市湯本第1地割125

花巻温泉 佳松園

花巻温泉 佳松園は、有名な美肌の湯と呼ばれる「低張性アルカリ性高温泉」に入れて、静かで落ち着いた環境が人気だそうです。

料金:4,750円~36,720円(税込み)

住所:岩手県花巻市湯本第1地割125

花巻温泉 ホテル花巻

花巻温泉 ホテル花巻は、隣接するホテルの自慢の「露天岩風呂」に入れて、好評の郷土料理がメインの「ふるさとバイキング」が食べれるそうです。

料金:3,300円~31,420円(税込み)

住所:岩手県花巻市湯本第1地割125

まとめ

花巻まつりの2018年の日程は、9月8日~10日で、9月第二土曜日の前日から3日間にわたって行われるようですね。

また、北松斎の没後は、その命日に行われるようになり「松斎祭り」とも呼ばれるようになったそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ