博多おくんちの2019年の日程は?会場へのアクセスと周辺駐車場は?

博多おくんちの2019年の日程、会場へのアクセスと周辺駐車場
を紹介しています。

また、博多おくんちの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、博多おくんち周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

博多おくんちは、福岡県福岡市博多区の櫛田神社で行われる例祭で、博多の各町で伝統行事などが行われる1200年前から続く秋の実りに感謝するお祭りだそうです。

スポンサーリンク

博多おくんちの2019年の日程

日程:10月23日と24日

アクセス

会場:櫛田神社

●電車

地下鉄中洲川端駅、祇園駅、5分

●車

福岡高速環状線呉服町、7分

●周辺の有料駐車場の地図

博多おくんちの始まりは?

博多おくんちは、福岡県福岡市博多区の櫛田神社で、毎年10月に行われる例祭で、長崎県の「長崎くんち」や佐賀県の「唐津くんち」とともに「日本三大くんち」と呼ばれ、1200年前から続く秋の実りに感謝する伝統行事だそうです。

博多おくんちの特徴は?

博多おくんちは、本祭前日の午前10から博多埠頭で「浜宮祭」が行われ、午後16時から「神輿清め」が行われた後、午後18時から「博多灯明ウォッチング」が行われ、博多の伝統行事の灯明が博多各地で灯されるそうです。

また、本祭1日目の午前11時から「秋季大祭」が行われ、午後15時から神社拝殿で、伝統芸能の「松前神楽」が奉納されるそうです。

そして、本祭2日目の午後14時から「御神幸式」が行われ、牛車に曳かれた「神輿」や「稚児行列」などが博多の町を練り歩くそうです。

スポンサーリンク

博多おくんち周辺のおすすめランチ

  • 吉塚うなぎ屋
  • 河太郎 中洲本店
  • ちんや

吉塚うなぎ屋

吉塚うなぎ屋は、中洲川端駅から歩いて5分の所にある地元で有名な鰻屋さんで、ふっくらとした鰻と創業以来継ぎ足されてきた秘伝のタレが絶品で、あっという間に完食してしまうほど美味しいそうです。

住所:福岡県 福岡市博多区 中洲 2-8-27

河太郎 中洲本店

河太郎 中洲本店は、中洲川端駅から歩いて8分の所にある美味しい海鮮のお店で、生簀からすくってすぐ刺身にして食べられる「イカの活き造り」は、身がコリコリして甘味があり絶品だそうです。

住所:福岡県 福岡市博多区 中洲 1-6-6

ちんや

ちんやは、中洲川端駅から歩いて2分の所にある老舗のすき焼き屋さんで、人気の「すき焼き丼」は、柔らかいお肉がタレと半熟卵に混ざって最高に美味しくボリュームもあり、値段もリーズナブルだそうです。

住所:福岡県 福岡市博多区 中洲 3-7-4

博多おくんち周辺のおすすめホテル

  • ホテルアセント福岡
  • 西鉄イン天神
  • マリンホテル新館

ホテルアセント福岡

ホテルアセント福岡は、天神駅から歩いて3分の所に位置し、コインランドリー、禁煙・女性専用フロア有り、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可で、長期滞在も可能なホテルだそうです。

料金:3,500円~12,100円(税込)

住所:福岡県福岡市中央区天神3-3-14

西鉄イン天神

西鉄イン天神は、天神駅から歩いて3分の所に位置し、軽朝食無料サービス、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可で、天神の中心にあり、観光やビジネスの拠点として最適なホテルだそうです。

料金:4,400円~12,000円(税込)

住所:岡県福岡市中央区渡辺通4-7-1

マリンホテル新館

マリンホテル新館は、中洲川端駅から歩いて8分の所に位置し、モーニングコーヒーサービス、温水洗浄トイレ完備、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可で、低価格から利用できるホテルだそうです。

料金:2,650円~19,000円(税込)

住所:岡県福岡市博多区奈良屋町10-21

まとめ

博多おくんちの2019年の日程は、毎年10月23日と24日の2日間に本祭が行われるようですね。また、午前10時から神社境内で、新鮮な野菜や魚などが販売される「五穀豊穣市」や「甘酒無料接待」も受けられるそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ