福島わらじまつりの2019年の日程は?会場へのアクセスと周辺駐車場は?

福島わらじまつりの2019年の日程を紹介しています。

また、福島わらじまつりの始まりと特徴を紹介しています。

最後に、福島わらじまつり周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

福島わらじまつりは、福島県福島市の国道13号信夫通りで行われる夏祭りで、信夫三山暁まいりの大わらじの奉納を参考にして、1970年から始められたそうです。

スポンサーリンク

福島わらじまつりの2019年の日程

日程:8月2日~4日(※8月第一金曜~日曜日)

アクセス

会場:国道13号信夫通り

●電車

JR福島駅、5分

●車

東北自動車道福島西IC、15分

●駐車場

平和通り地下駐車場
(※祭り両日とも1時間無料)

●周辺の駐車場の地図

※運行マップは、こちらの公式サイトから確認できます。

福島わらじまつりの始まりは?

福島わらじまつりは、福島県福島市の国道13号信夫通りで、毎年8月に行われる夏祭りで、江戸時代から300年以上も続く信夫三山暁まいりの大わらじの奉納を参考にして、1970年から市民の健脚を願うために始められたそうです。

福島わらじまつりの特徴は?

まつり1日目の金曜日に、「平成わらじまつりファイナル」が行われ、会場内を長さ12mの、大わらじパレードが練り歩き、わらじ音頭に合わせて、「わらじおどり」と、「ダンシングそーだナイト」が踊られる他、わらじを担いで、タイムを競い合う、「わらじ競走」も行われるそうです。

また、まつり2日目の土曜日には、鼓隊による生演奏とともに、新しく生まれ変わった、「新生わらじおどり」が披露され、まつり最終日の3日目に日曜日には、羽黒神社で、「わらじ奉納」が行われる他、街なか広場では、「フェスティバルFUKUSHIMA!納涼盆踊り」が行われるそうです。

※2019年の福島わらじまつりは、これまでの歴史を守りながら新しく生まれ変わるそうです。詳細は、こちらの公式サイトから確認できます。

スポンサーリンク

福島わらじまつり周辺のおすすめランチ

  • もりなが食堂
  • curry diningbar 笑夢
  • らぁめん たけや

もりなが食堂

もりなが食堂は、福島駅から歩いて7分の所にある昔ながらの食堂で、人気メニューの「天丼」は、エビの天ぷらが油っこくなくサクサクで、ご飯に染み込んだタレも食欲をそそるそうです。

住所:福島県 福島市 早稲町 8-13

curry diningbar 笑夢

curry diningbar 笑夢は、福島駅から歩いて10分の所にある本格派のインドカレーのお店で、オシャレな店内で、本格派のインドカレーとタイカレーをナンとお米で食べられ、ボリューム満点だそうです。

住所:福島県 福島市 大町 2-35 サトウビル2F

らぁめん たけや

らぁめん たけやは、福島駅から歩いて4分の所にある人気のラーメン屋さんで、伊達鶏のスープが美味しいシンプルなラーメンと分厚くて食べ応えのある大きなチャーシューも絶品だそうです。

住所:島県 福島市 早稲町 5-3

福島わらじまつり周辺のおすすめホテル

  • リッチモンドホテル福島駅前
  • アパホテル<福島駅前>
  • ホテルメッツ福島<JR東日本ホテルズ>

リッチモンドホテル福島駅前

リッチモンドホテル福島駅前は、JR福島駅西口から歩いて1分の所に位置し、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可で、福島の観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:3,630円~21,050円(税込)

住所:福島県福島市三河南町1-15

アパホテル<福島駅前>

アパホテル<福島駅前>は、JR福島駅西口から歩いて1分の所に位置し、大浴場&露天風呂付、50インチTV完備、全館Wi-Fi無料で、低料金から利用できるホテルだそうです。

料金:1,500円~22,000円(税込)

住所:福島県福島市太田町8-20

ホテルメッツ福島<JR東日本ホテルズ>

ホテルメッツ福島<JR東日本ホテルズ>は、JR福島駅東口から歩いて0分の所に位置し、駅に1番近いホテルで、朝食無料サービス、全室無料インターネット回線、無線LAN接続可だそうです。

料金:3,900円~13,500円(税込)

住所:福島県福島市栄町1-1

まとめ

福島わらじまつりの2019年の日程は、8月2日~4日の3日間で、8月の第一金曜~日曜日に行われるようですね。また、ウィズもとまち4Fでは、「わらじづくり体験教室」が行われる他、ウィズもとまち前で、「わら担ぎ体験」もできるそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ