越中八尾曳山祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチと宿は?

越中八尾曳山祭の2018年の日程を紹介しています。

また、越中八尾曳山祭の始まりと特徴を紹介しています。

最後に、越中八尾曳山祭周辺のおすすめランチと宿を紹介しています。

越中八尾曳山祭は、富山県富山市八尾の八尾八幡社の祭礼で、江戸時代に山車が作られ、役者と人形を乗せて町を練り歩いたのが始まりとされているそうです。

スポンサーリンク

越中八尾曳山祭の2018年の日程

日程:5月3日

アクセス

会場:八尾町中心市街地

●電車

JR高山本線越中八尾駅、15分

●車

北陸自動車道富山IC、25分

●駐車場

※無料

町民広場
八尾行政サービスセンター

※曳山運行予定コースと無料駐車場の場所は、こちらの公式サイトから確認できます。

越中八尾曳山祭の始まりは?

越中八尾曳山祭は、富山県富山市八尾の八尾八幡社で、毎年5月に行われる祭礼で、江戸時代の1741年に山車が作られ、役者と人形を乗せて町を練り歩いたのが始まりとされているそうです。

その後、他の町でも山車が作られるようになり、明治時代の中頃に現在の6基の山車になったそうです。

越中八尾曳山祭の特徴は?

越中八尾曳山祭は、5月1日の午前中に各町の曳山の組み立てが行われ、越中八尾観光会館から搬出された後、午後から「調曳き」と言われる試し曳きが、住民らによって行われるそうです。

そして、本祭の5月3日の明け方に、各町の公民館で神事が行われ、御神体が曳山へ移された後、各く曳山が聞名寺の参道に整列し、8時30分から「獅子舞奉納」が行われるそうです。

また、9時30分から、獅子舞の先導で神輿と曳山が氏子町を引き回され、夕方には、十三石橋詰へ到着し、その後、提灯山へ変更するために、彫刻などが取り外され、19時30分に八尾八幡社へ向けて出発するそうです。

そして、19時50分頃から、八尾八幡社の境内で順次、曳山の奉納が行われ、21時30分頃に手打ち式が行われた後、各曳山はそれぞれの町に戻り深夜まで曳き回した後、祭が終了するそうです。

スポンサーリンク

越中八尾曳山祭周辺のおすすめランチ

  • 清水そば そば峠
  • 山元食道
  • エルバッチャ

清水そば そば峠

清水そば そば峠は、越中八尾駅の近くにある美味しい蕎麦屋さんで、十割蕎麦と山菜の天ぷらがおすすめで、開店前からお客さんが並ぶほどの人気店だそうです。

住所:富山県 富山市 山田清水 10-15

山元食道

山元食道は、越中八尾駅から歩いて20分の所にある美味しい食堂で、日替わりランチが好評で、特に親子丼は、鶏肉がたっぷり入ってボリューム満点だそうです。

住所:富山県 富山市 八尾町鏡町 1000-10

エルバッチャ

エルバッチャは、越中八尾駅から歩いて18分の所にあるイタリアンのお店で、自然豊かな景観で、美味しコース料理が味わえるそうです。

住所:富山県 富山市 八尾町新田 3-1

越中八尾曳山祭周辺のおすすめ宿

八尾ゆめの森 ゆうゆう館

八尾ゆめの森 ゆうゆう館は、北陸自動車道富山ICから25分の所に位置し、全室禁煙で癒しの温泉と自慢の海と山の幸を贅沢に使った会席料理が味わえるそうです。

料金:2,500円~13,160円(税込)

住所:富山県富山市八尾町下笹原678-1

まとめ

越中八尾曳山祭の2018年の日程は、毎年5月3日に行われるようですね。また、また、神輿と曳山を先導する獅子舞は、雄と雌の夫婦の二人獅子で、道を清める露払いの役割があるとされ、「とやまの文化財百選」にも選定されているそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ