小田深山渓谷の紅葉の2019年の見頃は?アクセスと周辺駐車場は?

小田深山渓谷の紅葉の2019年の見頃、会場へのアクセスと周辺駐車場を紹介しています。

また、小田深山渓谷の紅葉の特徴と周辺のおすすめホテルを紹介しています。

小田深山渓谷の紅葉は、愛媛県喜多郡内子町にある小田深山渓谷で見られ、10月下旬頃から、モミジ、ケヤキなどの紅葉を楽しむことができるそうです。

スポンサーリンク

小田深山渓谷の紅葉の2019年の見頃は?

見頃:10月下旬~11月中旬(※例年)

アクセス

会場:愛媛県喜多郡内子町中川

●車

松山道内子五十崎IC、約50分

●駐車場

無料あり

●周辺の駐車場の地図

小田深山渓谷の紅葉の特徴は?

小田深山渓谷の紅葉は、愛媛県喜多郡内子町にある面河川の渓谷の小田深山渓谷で見られ、そのほぼ全域が国有林になっているそうです。

そして、10月下旬頃から、モミジ、ケヤキなどの紅葉を楽しむことができるそうです。

スポンサーリンク

小田深山渓谷周辺のおすすめホテル

  • 高原ふれあいの家 天狗荘
  • 河辺ふるさとの宿

高原ふれあいの家 天狗荘

高原ふれあいの家 天狗荘は、須崎東ICから車で約80分の所に位置し、天狗高原にあり、露天風呂から四国カルストを眺められ、大浴場、サウナありの宿だそうです。

料金:5,620円~15,120円(税込み)

住所:高知県高岡郡津野町芳生野乙4921-22

河辺ふるさとの宿

河辺ふるさとの宿は、松山自動車道 内子、五十崎ICから車で約50分の所に位置し、木造の小学校を改築した宿で、大浴場あり、山と渓谷に囲まれた中で、美味しい郷土料理を味わえるそうです。

料金:3,600円~10,900円(税込み)

住所:愛媛県大洲市河辺町三嶋134

まとめ

小田深山渓谷の紅葉の2019年の見頃は、10月下旬~11月中旬(※例年)までのようですね。また、西側にある雨乞山には、小田深山スキー場があるそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ