能取湖の紅葉の2019年の見頃は?アクセスと周辺駐車場は?

能取湖の紅葉の2019年の見頃、会場へのアクセスと周辺駐車場を紹介しています。

また、能取湖の紅葉の特徴と周辺のおすすめ宿を紹介しています。

能取湖の紅葉は、北海道網走市の網走国定公園に属する能取湖見られ、9月頃になると、紅色のサンゴソウが能取湖の湿地帯に広がるそうです。

スポンサーリンク

能取湖の紅葉の2019年の見頃は?

見頃:9月上旬~10月上旬(※例年)

アクセス

会場:北海道網走市

●電車

JR網走駅→網走バス常呂・サロマ湖栄浦行き、20分、サンゴ草入口下車、約5分

●車

白滝丸瀬布道路丸瀬布IC、約120分

●駐車場

無料あり

●周辺の駐車場の地図

能取湖の紅葉の特徴は?

能取湖の紅葉は、北海道網走市の網走国定公園に属する能取湖で見られ、9月頃になると、アカザ科の1年草の、「サンゴソウ」の紅葉が楽しめるそうです。

また、能取湖では、木製の遊歩道が設置してあり、湿地帯に広がる紅色のサンゴ草の中を歩くことができるそうです。

スポンサーリンク

能取湖周辺のおすすめ宿

さんご草の郷能取の荘かがり屋

さんご草の郷能取の荘かがり屋は、国道238号線から約15分の所に位置し、展望風呂から能取湖を一望でき、美味しいオホーツク料理が味わえ、無料インターネット回線一部あり、LAN接続ありだそうです。

料金:8,000円~25,500円(税込み)

住所:北海道網走市卯原内60-3

まとめ

能取湖の紅葉の2019年の見頃は、9月上旬~10月上旬(※例年)までのようですね。また、毎年9月になると恒例の、「サンゴソウ祭り」が行われ、賑わうそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ