愛染まつりの2019年の日程は?愛染まつりの主な行事は?

愛染まつりの2019年の日程を紹介しています。

まず、愛染まつりの歴史を紹介し、次に、愛染まつりの特徴と主な行事を紹介しています。

愛染まつりは、夏に流行っていた疫病に人々がかからないように寺院僧侶による法要が行われたことが始まりだそうです。

スポンサーリンク

愛染まつりの2019年の日程は?

日程:6月30日~7月2日

アクセス

会場:愛染堂勝鬘院(愛染さん)

所在地:大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36

●電車

地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅、徒歩3分
JR天王寺駅、徒歩15分

●車

谷町筋を南側から北へ、大阪星光学院の北の角の細道を左折
※北側から南には細道に右折できないため、どこかでUターンが必要

●周辺の有料駐車場の地図

愛染まつりの歴史は?

愛染まつりは、大阪府大阪市天王寺区にある愛染堂勝鬘院(通称、愛染さん)で約1400年もの間続いている日本で最も古い夏祭りで、無病息災を祈る祭事だそうです。

また、聖徳太子のお言葉の「苦しみ、悲しみを抱く人々を救済したい」という意志を受け継いでいて、1日目の6月30日に多宝塔により、「夏越しの祓え大法要」が行われるそうです。

愛染まつりの特徴は?

愛染まつりは、大阪三大夏祭りの1つで、仏教寺寺院で行われる住吉祭、天神祭と並んで有名な夏祭りだそうです。

また、それぞれ「愛染さん」、「天神さん」、「住吉さん」と親しみのある愛称で呼ばれており、「あい=愛、すみ=住み、ません=天」の語源になったとも伝えられているそうです。

愛染まつりの主な行事

  • 6月30日:宵祭り
  • 7月1日:愛染明王の大縁日(秘仏本尊のご開帳)
  • 7月2日:残り福

スポンサーリンク

まとめ

愛染まつりの2019年の日程は、毎年6月30日~7月2日の3日間にわたって開催されるようですね。また、愛染まつりは、平成26年に大阪市指定無形民俗文化財に指定された文化的にも大変貴重なお祭りだそうです。

スポンサーリンク


このページの先頭へ