2019年の夏休みはいつから?会社のお盆休みの日程は最大で何日?

2019年夏休みいつからなのか説明しています。2019年の小・中・高の夏休みの日程を紹介し、2019年の会社のお盆休みの日程も紹介しています。

また、大企業の工場のお盆休みは、長期間の所が多いため、田舎に帰省したり、普段ゆっくりできない旅行や趣味などを十分に楽しめますね。

スポンサーリンク

2019年の小・中・高の夏休みの日程

natuyasumi

2019年の小・中・高の夏休みの日程は(※予想)

  • 北海道の札幌市で、7月26(金)~8月19(月)までの25日間。
  • 東北の宮城県仙台市で、7月20日(土)~8月25日(日)までの37日間。
  • 関東の東京都新宿区で、7月20日(土)~8月31日(土)までの43日間。
  • 関西の大阪府大阪市で、7月20日(土)~8月25日(日)までの37日間。
  • 中部の愛知県名古屋市で、7月20日(土)~8月31日(土)までの43日間。
  • 中国の広島県広島市で、7月20日(土)~8月31日(土)までの43日間。
  • 四国の愛媛県松山市で、7月20日(土)~8月31日(土)までの43日間。
  • 九州の福岡県福岡市で、7月20日(土)~8月26日(月)までの38日間。
  • 沖縄県那覇市で、7月20日(土)~8月25日(日)までの37日間。

となっています。やはり、北海道の札幌市の小・中・高の夏休みが一番短い25日間となっていますね。その分、冬休みが長いので仕方がないですが、意外にも沖縄県那覇市の小・中・高の夏休みが37日間と全国平均より少ないようです。

しかし、北海道も沖縄県も夏休みの旅行の人気ランキングでは、上位を占めているので、長期のお盆休みを取れる人は、ゆっくりと観光旅行を楽しめますね。

ちなみに、大学の夏休み期間は、各大学ごとに異なりますが、一般的には、7月末~9月末までの約2ヶ月間あるそうです。

※学校の夏休みの日程は、各都道府県の市役所のホームページの情報から掲載しています。また、休日や祝日を挟む場合は、前倒しになる場合が多いそうです。そして、学校が公立、私立の場合や地域によっても多少の期間のズレがあります。

スポンサーリンク

2019年の会社のお盆休みの日程

2019年の会社のお盆休みの日程は、 8月13日(火)~8月16日(金)までの4日間 になっています。 また、2016年から新設された、新しい休日の「山の日」が8月11日(日)なので、12日(月)が振替休日になっています。

大企業の工場などのお盆休みは長い

kouzyou

大企業の工場などのお盆休みは、長期間のお盆休みを取るところが多いそうです。その場合の最大の休日期間は 8月10日(土)~8月18日(日)までの9連休になるようですね。これくらいの長期間の休日が取れると、旅行や趣味などを思いっきり楽しめますね。

まとめ

2019の夏休みは、小・中・高校で、7月20~8月31日までの43日間が全国の平均のようですね。また、北海道の札幌市の小・中・高校の夏休みは一番短く、26日間で、意外にも、沖縄県の小・中・高校の夏休みも37日間で、全国平均よりも少ないですね。

また、夏休みの旅行の人気ランキングでは、沖縄県那覇市の首里城が1位で、北海道札幌市が2位になっています。どちらも魅力的な観光地なので、余裕があれば両方とも行ってみたいですね。

おすすめ記事

扇風機に保冷剤をつけた効果は?本当に涼しくなるの?

エアコンの室外機の騒音を防ぐ対策は?室外機の下に防振ゴムを敷く?

熱帯夜の対策で役立つ7つのグッズとは?寝る前にする3つのことは?

熱中症の処置で嘔吐した場合の対処法は?水よりも麦茶が効果的?

夏バテの症状で息苦しいときの対処法は?豚肉を食べると予防できる?

スポンサーリンク


このページの先頭へ