雑煮の地方での違いは?沖縄には雑煮を食べる習慣がない?

雑煮地方での違いと、沖縄には雑煮を食べる習慣がないということを説明しています。北海道、東北、関東、関西、中国、四国、九州、沖縄それぞれの雑煮の特徴を説明しています。また、沖縄の正月はイナムドゥチと呼ばれる、豚のもつを白味噌仕立てで煮込んだ料理を食べるそうです。

お雑煮の作り方【ビエボ】 | 料理・レシピ

雑煮の地方での違いは?

  • 北海道の雑煮
  • 東北の雑煮
  • 関東の雑煮
  • 関西の雑煮
  • 中国地方の雑煮
  • 四国の雑煮
  • 九州の雑煮
  • 沖縄の雑煮

スポンサーリンク

北海道の雑煮

zouni2

北海道の雑煮は、元々北海道には雑煮を食べる習慣がありませんでしたが、現在では、醤油のすまし汁に角餅、鶏肉、野菜を入れた雑煮が食べられているそうです。

また、北海道らしく鮭やいくらを使った越後風もあるそうです。

東北の雑煮

zouni3

東北の雑煮は、丸餅だと冬場の乾燥でひびが入りやすくなるために、角餅を使用するそうです。味は醤油がベースで、野菜は、大根、人参、ごぼう、セリ、かまぼこ、ちくわ、などが入っているそうです。

また、三陸地方のくるみ餅が有名で、くるみだれを別のお椀に入れ、雑煮の餅を入れて食べるそうです。

関東の雑煮

zouni4

関東の雑煮は、醤油がベースで、角餅、出汁は昆布とかつおを使用し、具は椎茸と小松菜だけで大丈夫という、素材の旨みを生かしていて、他の地方と比べると、とてもシンプルだそうです。

関西の雑煮

zouni5

関西の雑煮は、縁起を担いだ各種の食材で作ります。丸餅は、「円満に暮らせるように」大根と人参は輪切りにし、「角が立たないように」、里芋や小芋は「子孫繁栄」の意味があるそうです。そして、甘みが強く白味噌仕立ての味も、お祝いの料理として喜ばれているそうです。

中国地方の雑煮

zouni6

中国地方の雑煮は、広島では特産のカキを使用するのが有名だそうです。味付けや具は、県によって様々ですが、丸餅を使用しているのは共通のようです。

四国の雑煮

zouni7

四国の雑煮は、香川県では、白味噌ベースの雑煮に、粒あんが入った丸餅を入れるそうです。

九州の雑煮

zouni8

九州の雑煮は、丸餅を煮て、味は醤油ベースが基本で、具はシンプルに大豆やもやしを入れます。鹿児島では、特産品のさつま揚げを入れたり、大きな海老を入れるそうです。

沖縄の雑煮

沖縄の雑煮は、元々沖縄には雑煮を食べる習慣がなく、正月は「イナムドゥチ」という、豚のもつを使った白味噌仕立ての汁物を食べるそうです。

イナムドゥチとは

okinawa

イナムドゥチは、沖縄県の郷土料理の1つで、猪モドキという意味があるそうです。猪肉の代わりに豚肉を使った白味噌仕立の味噌汁。具は、豚の三枚肉、椎茸、かまぼこ、こんにゃく、湯豆腐などが入っていて、お祝い事などで出される。

人気の餅つき機はこちら
↓↓↓

まとめ

管理人は九州出身ですが、やはり雑煮には丸餅が入っていました。でも、餅は焼かずにそのまま入れていたので、お椀の底に餅が毎回、こびりついていた記憶がありますが、味はつきたての生餅だったのでとても美味しかったです。

おすすめ記事
↓↓↓

カレーにソースをかける理由は?入れると美味しい隠し味は?

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?汗をかかない方法は?

風邪をひた時の食べ物で消化が良い6つの食品

松茸の国産品と輸入品の違い,人気の松茸輸入国ランキング!

おせちの通販で人気のお店トップ5!早期特別割引で安く買おう

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ