朝食に納豆を食べる5つの効果とは?血糖値の上昇が穏やかになる?

朝食納豆を食べる5つの効果について説明しています。まず、朝納豆で血糖値の上昇が穏やかなるそうです。また、満腹感が持続し、血圧を下げる効果もあります。そして、血液をサラサラにする効果もあり、さらに便秘を解消する効果もあるので、是非、朝納豆を実践したいですね。

スポンサーリンク

  • 朝納豆で血糖値の上昇が穏やかなる
  • 朝納豆で満腹感が持続する
  • 朝納豆で血圧を下げる
  • 朝納豆で血液をサラサラに
  • 朝納豆で便秘を解消する

朝納豆で血糖値の上昇が穏やかなる

朝食に納豆を食べた場合と食べなかった場合を比べると、朝食に納豆を食べた場合は、昼食後の血糖値の上昇が穏やかになったという報告があるそうです。

なので、昼食のランチを血糖値の上がりやすいファーストフードやパンなどで済ます方は、朝食に納豆を食べると良いそうです。

朝納豆で満腹感が持続する

manpuku

納豆には、食事の糖や脂肪を穏やかに吸収するセカンドミール効果があると言われているそうです。

さらに、セカンドミール効果には、満腹感を持続する効果もあり、昼食前にお腹が空いてランチを食べ過ぎてしまう方は、朝食に納豆を食べると良いそうです。

スポンサーリンク

朝納豆で血圧を下げる

ketuatukei1

朝食に納豆を食べることで、血圧を下げる効果があるそうです。また、納豆には塩分が含まれていないので、高血圧で塩分を控えている方にも良いそうです。

ただし、醤油のかけ過ぎには注意が必要なので、減塩醤油などにすると良いそうです。

人気のオムロンのデジタル自動血圧計はこちら
↓↓↓

朝納豆で血液をサラサラに

ketueki

納豆には血液をサラサラにする効果がある、ナットウキナーゼという成分が含まれているそうです。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆菌に含まれている酵素の一種で、タンパク質を分解する働きがある。また、血管に作られる血栓を溶かしやすくする効果もあり、血液をサラサラにする。

朝納豆で便秘を解消する

benpikaisyou

納豆には便秘解消に効果がある善玉菌を増やす大豆オリゴ糖が含まれているそうです。この善玉菌がたくさん増えることにより、便秘で弱った腸が元気に活動し、朝に自然なお通じが出るようになるそうです。

まとめ

朝食に納豆を食べると、血糖値の上昇が穏やかになる効果があり、昼食を血糖値の上がりやすいファーストフードなどで済ませてしまう方には良いようですね。

また、満腹感も持続するので、昼食をつい食べ過ぎてしまう方にもダイエット効果があるようですね。他にも血液をサラサラにしたり、便秘解消にもなるようなので、朝納豆はおすすめですね。

おすすめ記事
↓↓↓

朝食をグリーンスムージーに置き換える効果的なダイエット方法!

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?汗をかかない方法は?

カレーにソースをかける理由は?入れると美味しい隠し味は?

雑煮の地方での違いは?沖縄には雑煮を食べる習慣がない?

卵を食べるとコレステロール値が上がるのは嘘!?1日3個まではOK

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ