朝食をグリーンスムージーに置き換える効果的なダイエット方法!

朝食をグリーンスムージーに置き換える効果的なダイエット方法を説明しています。朝の空腹時に飲むのが効果的だそうです。また、朝食時にグリーンスムージーを飲むことで、便通が良くなり便秘解消にもなるそうです。あらかじめ、材料を切っておき冷凍保存しておくと素早く作れるそうです。

diet

  • 朝食と置き換えてダイエット
  • 飲むタイミングは?
  • 便秘解消効果がある
  • 毎日続けることが大事

スポンサーリンク

朝食と置き換えてダイエット

グリーンスムージーを朝食と置き換えることで、簡単にダイエットが行えるそうです。グリーンスムージーは、野菜や果物をそのまま食べるより、消化が良く、量も大量に摂れるので体に十分な栄養をコップ1杯だけで、補うことができるそうです。

ただし、朝食はグリーンスムージーだけ摂るようにすることがダイエットするには大事だそうです。

飲むタイミングは?

 kufuku

グリーンスムージーを飲むタイミングは、朝の空腹時が良いそうです。朝は体内の吸収力が最も高いため、この時間に飲むと栄養が最も吸収されるそうです。

もし、先に他の食べ物を食べてしまった場合は、消化されるまで約40分程度待ってから飲むと良いそうです。

便秘解消効果がある

benpikaisyou

朝食にグリーンスムージーを飲むことで、便秘解消効果が期待できるそうです。夜の睡眠中は、日中に摂取した栄養で新陳代謝が行われるので、朝にグリーンスムージーを飲むことで、排泄物をスムーズに出せ、体の内側から綺麗にすることができるそうです。

毎日続けることが大事

green-smoothie

グリーンスムージーでダイエットするには、毎日続けることが大事だそうです。しかし、朝から果物をカットしてミキサーに入れて作ると手間がかかってしまいます。

そんな時には、食材は全て前もって、3センチ程度にカットしておき、ジップロックに入れて冷凍保存しておくと、1回分ずつ簡単に取り出せて便利です。

人気のスムージーミキサーはこちら
↓↓↓

まとめ

管理人もグリーンスムージーを朝食の代わりに飲むようになってから2ヶ月程度経ちます。

たしかに、朝の排便も毎日スムーズに排出できますし、高齢の母親も便秘で悩んでいましたが、グリーンスムージーを朝食に飲むようになってから、便秘も解消されてきたそうです。

我が家のグリーンスムージーの作り方は、牛乳200mlにバナナ、ほうれん草、小松菜、パイナップルを入れ、最期にハチミツを大さじ1杯程度入れて作ります。

パイナップルの部分は、りんごなどの違うフルーツに日替わりで変えると少し違う風味になり、飽きないので良いです。

また、最期にハチミツを入れることで、野菜の味はほとんどなくなり飲みやすくなるのでおすすめです。

おすすめ記事
↓↓↓

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?汗をかかない方法は?

カレーにソースをかける理由は?入れると美味しい隠し味は?

雑煮の地方での違いは?沖縄には雑煮を食べる習慣がない?

松茸の国産品と輸入品の違い,人気の松茸輸入国ランキング!

クリスマスに米国人が七面鳥を食べる理由は?どんな味なの?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ