梅雨に洗濯物を早く乾かす方法は?洗濯物を干すときの4つの注意点!

梅雨洗濯物を早く乾かす方法について説明しています。まず、扇風機の風で湿った空気を追い出すことが大事です。また、一人暮らしの洗濯は面倒でも毎日するといいそうです。そして、洗濯物を室内に干すときの注意点も説明しています。全自動洗濯機の風乾燥機能を利用すると、乾く時間を1~2時間短くできます。

扇風機の風で湿った空気を追い出す

senpuuki

扇風機の風を洗濯物に当てると、洗濯物の周りの湿った空気を外に追い出すことができるので、洗濯物の乾きが早くなるそうです。

また、この時に窓を開けて風の通りを良くしたり、除湿器を併用するとより早く洗濯物が乾くそうです。そして何より、扇風機の電気代は丸一日つけっぱなしでも10~20円程度なので、どんどん活用したいですね。

スポンサーリンク

一人暮らしの洗濯は毎日する

一人暮らしだと洗濯物の量が少ないので、2~3日に一回のペースで洗濯する人が多いそうですが、梅雨の時期だけは毎日洗濯することを心がけると、室内に干す量が少なくなり、湿気もあまり多くは発生しないので、洗濯物が乾きやすいそうです。

洗濯物を室内に干すときの注意点

heyaboshi

  • 洗濯物は壁側に干すのを避けて、洗濯用のロープなどを使い部屋の風通しの良い場所に干す。
  • 洗濯物同士がくっつかないよにハンガーや洗濯バサミなどを多用する。
  • バスタオルなど生地の厚いものを干したら、フェイスタオルなどの生地の薄いものを交互に干す。
  • ズボンなどは空気が通りやすいようにハンガーを利用して筒状になるように干す。

洗濯物を干す時のポイントは、とにかく風通しを良くして、洗濯物同士がくっつかないようにするのが、早く乾かすコツのようですね。

全自動洗濯機の風乾燥機能を利用する

最近の全自動洗濯機には、高速脱水による風を利用した風乾燥機能が標準で付いているそうです。

しかし、完全に乾燥させるわけではなく、洗濯物が半乾きになる程度のようですが、それでも、この風乾燥機能を使うと、洗濯物の乾く時間が1~2時間程度も短縮できるので、梅雨の時期には是非使いたいですね。

また、風乾燥機能が付いていない洗濯機の場合は、いつもより脱水の回数を1回増やすだけでも、乾く時間が短縮できるそうです。

まとめ

梅雨に洗濯物を早く乾かすには、扇風機で湿った空気を外に出すことが重要ですね。また、扇風機の電気代は一日中つけっぱなしでも、10~20円と安いので、どんどん利用したいですね。

次に一人暮らしの場合は、洗濯物の量が少ないので、毎日洗濯するのは面倒ですが、梅雨の時期だけは、まとめて洗濯せずに、少量ずつでも毎日洗濯した方が乾きが早くなるようですね。

そして、おすすめは、全自動洗濯機の風乾燥機能を使うことで、1~2時間も乾く時間を短縮できるので、是非使いたいですね。もし、風乾燥機能が無い場合でも、通常より脱水回数を1回増やすことでも、乾く時間が短縮できるので、梅雨の時期には脱水回数を増やすことも考えたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

梅雨の食中毒の予防法3つを紹介!梅雨に食中毒を起す6つの細菌とは?

梅雨の湿気の対策はどうすれば良い?除湿器の2種類の除湿方式とは?

エアコンの臭いの原因は室外機?送風運転を上手に使うと良いの?

エアコンの暖房の電気代はつけっぱなしだといくら?7つの節電方法!

引越しの荷造りのコツ!一人暮らしの場合は宅急便を使うと安いの?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ