北海道旅行の予算で夏の相場はいくら?おすすめのお宿はどこがいい?

北海道旅行予算の相場はいくらなのか説明しています。まず、夏の北海道旅行おすすめスポットを紹介し、交通費の予算はどれぐらいなのか、また、おススメのお宿はどこなのかについても紹介しています。最後に、夏の北海道旅行の予算はいくらかかるのか、その相場について説明しています。

スポンサーリンク

夏の北海道旅行おすすめスポット

北海道旅行 予算 夏1

北海道は、夏もおすすめスポットがいっぱい!まず、札幌には、『時計台』、『白い恋人パーク』、『羊ヶ丘展望台』といった観光名所が多くあります。夏なのに涼しい北海道で、さわやかな風と一緒に観光スポットを巡ってみるのはいかがでしょう。

大自然が好きな方には、『北の国から』の舞台となった富良野をおすすめします。また、ラベンダーでも有名で、ラベンダーの季節である夏は、ラベンダー色に染まった地平線がご覧いただけます。

そして、お子さんにとって外せないのは旭山動物園。お盆期間中は「夜の動物園」を開催しており、夜にしか見られない、動物たちの貴重な生活を垣間見ることができます。ほかにも、函館、稚内、夕張、帯広、釧路、網走、えりもなど、北海道は本当に見どころがたくさんありますよ。

スポンサーリンク

交通費の予算はどれぐらい?

東京、大阪から北海道までの移動は、おそらくみなさん飛行機だと思うので、まずはその飛行機代から見ていきましょう。

羽田空港~新千歳空港間の大手航空会社(ANA・JAL)の通常運賃は片道約2万~3万円

大阪(伊丹・関西)空港~新千歳空港間でANA・JALの通常運賃は片道約2万5千~3万円です。

格安航空会社の場合はもう少しお安くなると思います。次に北海道に到着してからの交通費!北海道内は札幌市を中心に北海道内の主要都市を結ぶ「都市間バス」が充実していますよ。

札幌~函館間の片道運賃は4,500円程度、札幌~旭川間の片道運賃は2,000円程度、札幌~釧路間の片道運賃は5,500円程度です。もちろん、鉄道を利用して主要都市に移動することも可能です。運賃は「都市間バス」とあまり変わりません。

おススメのお宿は?

北海道には、リゾート感を重視したお宿や、アットホームな雰囲気で都会の喧騒を忘れさせてくれるお宿など、いろいろなお宿がありますが、その中でもおすすめをご紹介します。

心のリゾート 海の別邸ふる川

室蘭は虎杖浜にある、太平洋を一望できるお宿です。オーシャンビューのお部屋から見える景色は圧巻の一言です。

●宿泊費:2~3万円/1人

丸瀬布温泉 マウレ山荘

1人静かな森の中にある北欧風のリゾートホテルです。自慢のアルカリ性単純温泉は、美肌効果が期待できます。

●宿泊費:1~2万円/

三香温泉

屈斜路湖の畔にあるお宿です。露天風呂は樹木に囲まれており、とても趣がありますよ。薪ストーブを囲んで団欒したり、心を込もった家庭料理を頂いたり、アットホームな雰囲気を味わいたい方は是非こちらに。

●宿泊費:約8千円/1人

夏の北海道旅行の予算はいくら?

北海道旅行 予算 夏2

暑い夏には涼しい北海道旅行を!とご紹介してきましたが、最終的にどれぐらいの予算を見ておけばいいか気になりますよね。どんな旅行をしたいかによって予算は違うと思いますが、交通費、宿泊費等すべて含めると、予算は6~10万円が妥当な予算だと思います。夏の北海道旅行をいっぱい楽しんで、暑い夏を乗り切っちゃいましょう。

まとめ

こうして、この記事を書いていると、自分も行きたくなっちゃいました。でも、夏の北海道旅行のプランを立てる上で大事な事があります。

いいところがいっぱいなので、欲張ってツメツメのプランを立てちゃいたいところですが!行きたいところを絞って、そこを満喫するようにしましょうね。

自身の経験談ですが、バタバタした旅行より、ゆっくりその場の良さを体で感じた旅行のほうが思い出に残りますから。

おすすめ記事

長岡まつり大花火大会の2016年の有料観覧席の申込み方法を紹介!

大曲の花火の2016年の日程は?有料観覧席の購入方法はローソン?

神奈川新聞花火大会の2016年を鑑賞できる5つのおすすめホテル!

猪名川花火大会の2016年の屋台が出る場所は?300店以上も出店!

みなとこうべ海上花火大会の2016年の日程は?ホテルから鑑賞しよう!

スポンサーリンク


このページの先頭へ