賃貸の部屋探しの3つのポイントとは?物件見学での5つの注意点!

賃貸部屋探しの3つのポイントについて紹介しています。まず、引越しの最適な時期は9月だそうです。そして、不動産屋の探し方は大きく分けると2つあるそうです。最後に、物件見学での注意点について紹介しています。日当たり具合、騒音、部屋の傷、水まわり、共用部のチェックをすることが大事です。

賃貸の部屋探しのポイント

  • 引越しの最適な時期は9月
  • 不動産屋の探し方は大きく分けると2つ
  • 物件見学での注意点は?

スポンサーリンク

引越しの最適な時期は9月

hikosi2

引越しの最適な時期は、物件数が多く出回る、1月、2月、3月、9月だそうです。しかし、1月~3月は引越しがピークになるので、物件数も豊富でピークも避けられる9月が引越しするには最適なようです。

不動産屋の探し方は大きく分けると2つ

不動産屋は大きく分けると、大手企業が展開している「多店舗展開型」と地元企業による「地域密着型」の2つに分けられるそうです。

多店舗展開型の特徴

多店舗展開型の特徴は、多店舗のネットワークを使い、広い範囲で物件を探せるために、まだ住みたいエリアを絞りきれていない場合に便利です。

地域密着型の特徴

地域密着型の特徴は、何と言っても地元の情報に詳しいのが特徴で、地元の大家さんとも親しい場合が多いので、掘り出し物の物件に巡りあえるかも知れません。住みたい地域が決まっている場合は、最寄り駅の周辺の不動産屋を探すのもいいです。

物件見学での注意点は?

日当たり具合をチェック

日当たり具合をチェックするには、間取り図だけではなく、実際に見学するのが重要です。しかし、南向きの部屋でも日が差さない部屋も存在するので、注意が必要だそうです。

希望の物件の向かい側に背の高いビルなどが建っている場合は、南向きでも日中の殆どは、ビルの陰になってしまうので、しっかり確認しておきましょう。

騒音をチェック

騒音をチェックをしっかりしていないと、トラブルの原因になります。上下の階や隣の物音などは見学時には分かり難いので、不動産屋の担当に人に聞いたり、隣が空き部屋の場合は、携帯の着信音を鳴らして、音の漏れ具合を確認しましょう。

あまりに音漏れがするようならば、その物件は避けたほうがいいです。

部屋の傷をチェック

部屋の傷をチェックして、少しでも壁紙がはがてれいる箇所がある場合は注意が必要です。壁紙が剥がれる原因は結露が元になっている場合が多く、断熱処理がしっかりされていない可能性があるそうです。

そして、壁などに穴があいている場合は、入居後に「自分が開けたのではない」ということを証明するために、日付入りの写真を撮っておくといいそうです。そして、退去時にその写真を証拠として見せて、敷金を払わないようにしましょう。

水まわりをチェック

水まわりをチェックし、トイレ、風呂、キッチン、洗面台、洗濯機置場が綺麗な状態か確認しましょう。

共用部をチェック

共用部をチェックして、管理者や入居者の傾向を読み取ることも大事です。エントランス、ゴミ置場、駐車場、駐輪場等がしっかり清掃され、ゴミなどが散らかっていないか、しっかり確認しておきましょう。

まとめ

管理人の住んでいるアパートの部屋は、トイレの作りが普通より少し小さいので、窮屈に感じます。そして、小学校が直ぐ隣にあるので、運動会などのシーズンになると、ダンスの練習の曲が大音量で響いてきます。

なので、独身者やお年寄りなど、静かな環境に住みたい場合は、小学校の近くは避けた方がいいです。

いずれにしても、引越しをしたら、しばらくはその地域に住むことになりますので、しっかり周辺の環境は調べておいた方がいいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

自治会に入らない場合のデメリットは?断り方は?

分譲マンションの賃貸の4つのメリットと3つのデメリット

マンションでの猫の飼い方は?人気の猫の寿命と価格と入手方法

マンションは何階が住みやすい?低層階から高層階までの特徴

一人暮らしの犬の飼い方は?しつけの4つの注意点

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ