タクシーに自宅まで来てもらう呼び方は?タクシーで病院にいく方法

タクシー自宅まで来てもらう呼び方について説明しています。タクシーで病院に行く、サポートキャブを使うと便利です。また、民間救急を使うと、運転手は緊急手当ての技能を持っているので、安心です。そして、サポートキャブの料金は、普通のタクシーで病院まで行った時の料金と同額だそうです。

スポンサーリンク

タクシーに自宅まで来てもらう呼び方

タクシーに自宅まで来てもらう呼び方は、初めて使うタクシー会社の場合は、住所、氏名、電話番号を言えばいいです。

今のタクシーはナビゲーションが付いていますので、目印の建物などを言う必要はありません。次回も同じタクシー会社を使用する場合は、情報がすでに登録してありますので、名前を言うだけで大丈夫です。

タクシーで病院に行く、サポートキャブ(タクシー)

急病になり、病院へいきたくても、どの病院へ行けばいいのか分からなかったり、救急車を呼ぶほどでもなく、歩いていくには遠い場合は、「サポートキャブ(タクシー)」というサービスを使うと便利です。

「サポートキャブ()タクシー」とは「東京民間コールセンター」が案内しているサービスで、自分で歩行ができ、緊急性が無い場合に、病院までの通院をサポートするタクシー事業者のことです。

民間救急とは

民間救急は、通院や入退院などで、緊急性が無い場合に病院への搬送を行う民間の搬送事業者。

運転手は緊急手当ての技能を持つ

taxi3

サポートキャブの事業者は、東京消防庁から、救命講習受講優良賞を発行されていて、心臓マッサージ、人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)などの救命手当て技能を持つ運転手が常務し、車内には人口呼吸用のマスクも備えてあるそうです。

スポンサーリンク

サポートキャブ(タクシー)の料金は?

サポートキャブ(タクシー)の料金は、自宅から普通のタクシーを呼んだ場合の病院までの料金と同じです。

サポートキャブ(タクシー)は寝台や車椅子に乗ったままでの使用は出来ません。民間救急は、他に寝台自動車や車椅子専用車も利用でますので、そちらを手配しましょう。

サポートキャブ(タクシー)の問い合わせ先

東京民間救急コールセンター

まとめ

タクシーを初めて自宅に呼ぶときは、住所、氏名、電話番号を伝えて、次回からは名前を言うだけで大丈夫なようですね。

タクシーで病院へ行く場合は、「東京民間コールセンター」が案内している「サポートキャブ(タクシー)」というサービスを利用すると便利ですね。

利用料金も普通にタクシーを呼んだときと同じで、なんと言っても、運転手さんが救命手当の技能を持っていることが安心できますね。

1人で歩行でき、緊急性が無い場合で、病院までタクシーで行きたい場合は、このサービスを利用するのもいいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

セルフカットでバリカンを使うメンズのやり方5つ!おすすめバリカンは?

竜巻が発生する原因は?前兆と身の守り方

エアコンの臭いの3つの原因と対処方法,送風運転を上手に使おう!

くしゃみが止まらない!?しかも風邪じゃない場合の4つの原因

扇風機に保冷剤をつけた効果は、本当に涼しくなるの?

スポンサーリンク



このページの先頭へ