スマホが原因で首に負担がかかる症状は?ストレートネックに注意

スマホが原因で首に負担がかかる症状について説明しています。まず、スマホのやり過ぎでストレートネックになる場合があります。そして、ストレートネックの症状について説明し、ストレートネックをストレッチで改善する方法について紹介しています。オフィスで簡単にストレッチができます。

スポンサーリンク

  • スマホのやり過ぎでストレートネックになる
  • ストレートネックの症状は?
  • ストレートネックをストレッチで改善

スマホのやり過ぎでストレートネックになる

straight_neck

スマホの画面を下を見ながら長時間使用していると、「ストレートネック」になる人が増えているそうです。

このストレートネックの症状は、スマホの画面を見るときに首を傾けるため、姿勢が悪くなり、首に負担がかかり、首の脊椎のカーブが真っ直ぐになり、その後、身体全体にまで悪影響が出るそうです。

ストレートネックの症状は?

ストレートネックになると、「頭痛」、「首の痛み」、「腕の痺れ」、「椎間板ヘルニア」、「自律神経の異常」、「血圧の異常」、「脳へのダメージ」など、様々な症状が起こるそうです。

ストレートネックによる頭痛

頭を支える頚椎の湾曲がなくなり、真っ直ぐになると脳への衝撃がストレートに伝わり、に脳震盪近い症状になるそうです。このストレートネックが原因で頭痛やめまいを起こしやすくなるそうです。

ストレートネックによる首の痛み

スマホの画面を見るときに常に頭を下に向けるので、首周辺の筋肉に必要以上に負担がかかり、首の痛みの原因になるそうです。

ストレートネックによる腕の痺れ

首の頚椎には腕の神経がたくさんあるので、首の湾曲がストレートになると、その腕の神経の間隔が狭くなるそうです。

それが原因で首を下げたときに、神経が圧迫され腕の痺れなどの症状が起こるそうです。

ストレートネックによる椎間板ヘルニア

首の頚椎がストレートになると、体重の約10%もある頭を首が支えるのに大きな負担がかかるそうです。

このため、椎間板も減りやすくなり、首への負担がやがて椎間板ヘルニアを起こす原因になるそうです。

ストレートネックによる自律神経の異常

脳と首の頚椎は一心同体の関係が有り、その頚椎がストレートな形状になると脳が出す指令が伝わり難くなるそうです。そして、自律神経の異常につながり不眠症などの原因になるそうです。

ストレートネックによる脳へのダメージ

noukousoku

首の頚椎がストレートになることで、逆に脳へ循環する血液や血管に異常が出てくるそうです。そして、頚椎動脈の悪化により、脳出血や脳梗塞、くも膜下出血などの原因になるそうです。

★ストレートネックに効果がある枕はこちら
↓↓↓

 

ストレートネックをストレッチで改善

ストレートネックを改善するには、ストレッチが効果があるそうです。

オフィスでできるストレッチ

1.椅子に深く座り、背もたれにもたれて、両手を首の後ろで組む。

2.そのまま首を後ろに倒して30秒間停止する。

肩をほぐすストレッチ

1.両手を後ろに組んで、息を吐きながら状態をそらす。

2.息を吐く時に組んだ両手を上に持ち上げる。

3.息を吐きながらゆっくり状態を起こし手をほどく。

スポンサーリンク

まとめ

スマホの画面を下を見ながら長時間操作すると、首の頚椎の湾曲がストレートの形状になってしまうストレートネックになってしまうようですね。

このストレートネックを改善するには、オフィスでも簡単にできるストレッチが効果があるようなので、実践したいですね。

また、自宅にいる場合は、NHKで午前中と午後に放送されているラジオ体操をやると、座ったままでもストレッチできるのでおすすめです。

おすすめ記事
↓↓↓

スマホの肩や腕の痛みの原因は?巻き肩をストレッチで改善する

スマホで目が悪くなる2つの理由は?視力低下を防ぐ6つの方法

老眼鏡の4つの種類と選び方!100円ショップの老眼鏡は使えるの?

老眼を回復する3つの簡単な訓練方法!遠近体操法で視力回復

お腹が痩せるための短期間の方法は?ドローインの呼吸法で痩せる

お腹の脂肪を減らす4つの方法!筋トレよりも有酸素運動が効果的

スポンサーリンク



このページの先頭へ