スマホで目が悪くなる2つの理由は?遠くを見る時間を作ろう!

スマホ悪くなる2つの理由と、視力低下を防ぐ6つの方法を説明しています。まず、スマホを暗い部屋で見たり、画面を見続けると眼精疲労になる場合があります。また、スマホによる視力低下の予防法について紹介しています。最後に目のストレッチをする方法も説明しています。

スポンサーリンク

  • スマホを暗い部屋で見ると目が悪くなる
  • スマホの画面を見続けると眼精疲労になる
  • スマホによる視力低下の予防法

スマホを暗い部屋で見ると目が悪くなる

sumaho1

スマホを暗い部屋で見ると、部屋の暗さとディスプレイの明るさの違いで、非常に目に負担がかかり疲れるそうです。

また、スマホのディスプレイはLEDのブルーライトと呼ばれる青色の光がバックライトして使用されていて、目に強い刺激を与えると言われているそうです。

そして、スマホを寝る前に使用すると、ブルーライトのせいで目が冴えてしまい眠れなくなり不眠の原因になるそうです。

スマホの画面を見続けると眼精疲労になる

スマホの画面を長時間に渡り見続けると目に負担がかかり眼精疲労になるそうです。また、近くをずっと見続けることにより、目を動かす筋肉が緊張し、視力低下の原因になるそうです。

スマホによる視力低下の予防法

スマホによる視力低下の予防法は、「遠くを見る時間を作る」、「十分な睡眠をとり目を休める」、「適度な運動をする」、「照明の明るさに気をつける」、「頭が下がらないように姿勢に注意する」、「目のストレッチをする」ことなどが効果があるそうです。

遠くを見る時間を作る

一日の中で、遠くを見る時間を作ると視力低下の防止や視力回復に効果があるそうです。なので、スマホを使用していて、目に疲れを感じたら、できるだけ遠くの景色などを見るようにすると良いようです。

十分な睡眠をとり目を休める

バランスの良い食事を摂り、十分な睡眠で目を休めることは視力回復には非常に大事だそうです。

適度な運動をする

ウォーキングなど、適度な運動をすることで、体がリラックスし、血液の循環も良くなり、視力低下の防止や視力回復に効果があるそうです。

照明の明るさに気をつける

一般的に暗い場所でのスマホの使用は目に負担がかかると言われていますが、明るすぎる照明も目に負担がかかるそうです。なので、照明は適度な明るさに調整することが大事だそうです。

頭が下がらないように姿勢に注意する

スマホを寝ながら使用したり、机に肘をついて私用すると、姿勢が悪くなり視力低下の原因になるそうです。

なので、スマホを使用するときは、できるだけスマホを目の高さに近付けて、手首はなるべく曲げずに、頭が下がらないようにすることが大事だそうです。

目のストレッチをする

me

スマホは、一点を集中して見ることで、目の筋肉が凝り固まり、眼精疲労の原因になるので、目のストレッチをして目の筋肉をほぐすと良いそうです。

目のストレッチ方法

1.目に強めにギュッと閉じて、パッと開くを10回程度繰り返す。

2.目を軽く閉じて、眼球を時計回りで動かした後、反時計回りで動かす、これを数回繰り返す。この時に目のふちを見る感じでゆっくり動かす。

スポンサーリンク

まとめ

スマホを暗い部屋で使用すると、LEDのブルーのバックライトが目に強い刺激を与えるので、視力低下の原因になるようですね。

また、寝る前に使用することも、不眠の原因になるようなので、できるだけ避けた方が良いですね。

そして、スマホによる視力低下の予防法は、できるだけ遠くを見る時間を作ることが大事なようなので、目の疲れを感じたら、スマホの使用を一旦休憩し、遠くの風景などを見るように心がけたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

スマホの肩や腕の痛みの原因は?巻き肩をストレッチで改善する

スマホが原因で首に負担がかかる症状は?ストレートネックに注意

老眼鏡の4つの種類と選び方!100円ショップの老眼鏡は使えるの?

老眼を回復する3つの簡単な訓練方法!遠近体操法で視力回復

目のかゆみの2つの原因と対策,結膜炎に注意しよう!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ