魚の骨が喉に刺さった時の取り方は?病院に行ったほうがいいの?

に刺さった時の取り方について説明しています。お魚を食べるのが好きな方は、魚の骨が喉に刺さった経験があるのではないでしょうか。まず、刺さった骨を自分で何とかする方法、次に病院に行った際の処置方法、他によく聞く方法、最後に気を付ける魚を紹介しています。

スポンサーリンク

自分でなんとかする

・様子を見る

喉に刺さった骨が小さい場合や、軽くの喉に刺さった場合は、自然と溶けることや、食事を続けると抜けることも多いです。喉の違和感が自然となくなることも多くあります。

・うがいをする

軽くうがいをすると取れる場合もあります。うがいをするときは、喉の違和感がある場所を意識してください。

・食べ物を飲み込む

一番よく知られている方法だと思います。気を付けないといけないのは、刺さっている骨の大きさや、どの程度刺さっているかによっては、有効ではない事もあることです。有効かどうかは、口を開いて刺さっている骨の位置が確認できるかどうかで判断してください。

骨の位置が確認できる場合は、喉の入り口近くに骨が刺さっていることになるので、食べ物を飲み込むと取れる事があります。口を開いて刺さっている骨の位置が確認できない場合は、喉の奥に骨が刺さっていることが多いので、自分で何とかするのは難しい事があります。

太い骨がしっかり刺さっている場合に食べ物を飲み込むと、刺さっている骨に引っかかって、傷を広げてしまう事もあるので、注意してください。

・自分で抜く

自分で抜くことも可能です。ですが、自分の感覚で抜こうとすると、喉の粘膜を傷つけてしまったり、かえって骨を喉の奥に押し込んでしまうこともあるので、気を付けてください。また、刺さっている骨が折れてしまい、骨が見えなくなると、お医者さんでも抜くことが難しくなりますので、十分に注意してください。

自分で抜く時は、口を大きく開けてライトで照らしながら、しっかり場所を確認しながら抜いてください。自分でやるのは難しいと思いますので、ご家族の方に抜いてもらうのが良いと思います。

スポンサーリンク

病院に行く

耳鼻咽喉科に行くのが一番安全で確実な方法です。骨が刺さっている場所によって処置方法に違いがでます。刺さっている骨がすぐに取れそうな場合は、細長いピンセットで取ります。刺さった骨が喉の奥にあり、見えない場合は内視鏡で確認してから取り除くことになります。

他によく聞く方法

・勝手に骨が取れる

細い骨や柔らかい骨の場合は勝手に取れることもあります。

・骨は勝手に溶ける

喉に刺さった骨は、唾液では溶けません。恐らく、自然と取れたので溶けたと勘違いするのだと思います。

・酢・ライムのしぼり汁を飲む

あまりやってる人の話は聞いた事がありませんが、酢やライムのしぼり汁を飲むと取れることがあるそうです。

こんな魚は気を付けて

魚 骨 喉 取り方2

よく骨が喉に刺さると聞く魚をまとめました。

・秋刀魚 ・鯵 ・鯖 

・ホッケ ・鯛 ・ウナギ

そこまで気にする必要はないと思いますが、食べるときに大きい骨はきちんと骨を取って食べましょう。

まとめ

私は魚が好きなので、何度か喉に骨が刺さったことがあります。細い柔らかい骨が多かったので、自然に取れました。

しかし、鯛などの太い骨がある魚のときは、結構気を付けて骨をしっかりとっています。太い骨が刺さった時は、素直に病院に行くようにしてくださいね。

おすすめ記事

卵を食べるとコレステロール値が上がるのは嘘!?1日3個まではOK

朝食に納豆を食べる5つの効果!血糖値の上昇が穏やかになる

朝食をグリーンスムージーに置き換える効果的なダイエット方法!

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?汗をかかない方法は?

カレーにソースをかける理由は?入れると美味しい隠し味は?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ